水俣市トップへ

入院、外来時の医療費の負担は?

最終更新日:

 

1 医療費の一ヶ月あたりの自己負担の限度額は?

 医療費は、所得に応じて負担し、1ヶ月(同月内)あたり次表の限度額まで負担することとなります。 

  

【自己負担限度額表(1ヶ月単位)】

 負担割合

 負担区分

 外来(個人単位)

 外来+入院(世帯単位)

 3割負担  

 住民税課税所得

690万円以上

 252,600円 +(総医療費-842,000円)×1% <140,100円>* 

 住民税課税所得

380万円以上

 167,400円 +(総医療費-558,000円)×1% <93,000円>* 

 住民税課税所得

145万円以上

 80,100円 +(総医療費-267,000円)×1% <44,400円>* 

 1割負担  

 一 般

 18,000円(年間上限14.4万円)

 57,600円 <44,400円>*

 住民税非課税世帯2

 8,000円 

 24,600円

 住民税非課税世帯1

 15,000円

*< >内の額は過去12ヶ月間に高額療養費の支給が4回以上あった場合、4回目以降の額。(多数該当)

◎限度額を超えた分は、申請により高額療養費として支給されます。 ⇒ 詳しくはこちら

 

 

2 住民税非課税世帯の方が入院、および高額な外来診療を受けるときは、申請が必要です。

 「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提示すると、入院時、外来診療ともに医療費の支払が限度額までで済み、入院中は食事代の負担額が減額されます。

 「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付には、申請が必要です。

 なお、申請された月の初日から適用されます。

 

【申請に必要なもの】

◆印鑑および後期高齢者医療被保険者証(保険証)

 限度額適用・標準負担額認定申請書(PDF72KB(PDF:62.9キロバイト) 別ウインドウで開きます 記入例(PDF176KB(PDF:175.3キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

*代理で申請される場合は、代理人の本人確認書類(運転免許証、保険証など)も、併せてお持ちください。 

*「限度額適用・標準負担額減額認定証」の更新について

 「限度額適用・標準負担額減額認定証」の有効期限は毎年7月31日までとなっています。

 引き続き対象となる方には、毎年7月中旬から新しい認定証を郵送します。 

 

 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:789)
水俣市役所
〒867-8555  熊本県水俣市陣内一丁目1番1号   電話番号:0966-63-11110966-63-1111   Fax:0966-62-0611  

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

(法人番号 7000020432059)
Copyright (C) 2019 Minamata City. All Rights Reserved.