水俣市トップへ

医療の自己負担額が高額になったとき(高額療養費支給申請)

最終更新日:

 同じ月内に、医療機関に支払った医療費の一部負担金が、下表の自己負担限度額(世帯の所得段階に応じて定められた自己負担の上限額)を超えたときは、申請されると超えた額が支給(払い戻し)されます。

 

 【自己負担限度額(月額)】 

70歳未満

所得区分

自己負担限度額

適用区分

3回目まで

4回目以降

上位所得者世帯

所得※1が901万円超

252.600円+(医療費-842,000円)×1%

140,100円

所得が600万円超~901万円以下

167,400円+(医療費-558,000円)×1%

93,000円

一般世帯

所得が210万円超~600万円以下

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

44,400円

所得が210万円以下

57,600円

44,400円

市民税非課税世帯

35,400円

24,600円


70歳以上

所得区分

個人単位

世帯単位

(外来のみ)

(外来+入院)

現役並み3※2

課税所得690万円以上

 

252,600円+(医療費-842,000)×1%
(140,100円※5

現役並み2

課税所得380万円以上

167,400円+(医療費-558,000)×1%
(93,100円※5

現役並み1

課税所得145万円以上

80,100円+(医療費-267,000)×1%
(44,400円※5

一般

課税所得145万円未満等

 18,000円
(年間上限
 144,000円)

57,600円
(44,400円※5

低所得2
※3

住民税非課税世帯

8,000円

24,600円

低所得1
※4

住民税非課税世帯
(年金収入80万円以下など)

15,000円


(注意)

■月の途中で75歳に到達する人は、到達月の限度額は1月2日となります。

■世帯員に所得の申告をされていない人がいた場合は、上位所得者として区分します。

■70歳未満の人で領収証を個人ごと、月ごと、医科・歯科ごと(入院、外来は別)の合計で21,000円を超えた場合、その領収証は世帯合算の対象となります。

 

 

【高額療養費の支給申請に必要なもの】

■世帯主の印かん(朱肉を使うもの)

■保険証

■領収証(原本)

■振込先の口座がわかるもの(世帯主名義のもの)

 * 世帯主以外の口座に振込む場合は、その通帳のほか 委任状(PDF:67.3キロバイト) 別ウインドウで開きます口座名義人の印鑑が必要です。

 高額療養費支給申請書(PDF:85.4キロバイト) 別ウインドウで開きます 裏面(PDF:44.1キロバイト) 別ウインドウで開きます


 

(注意点)

■診療月の翌月1日(または市から申請の案内が届いた日の翌日)から2年を経過すると時効となり、支給できなくなります。

■医療機関から提出された診療報酬明細書(レセプト)の内容を確認し支給しますので、診療月から3~4カ月後になります。

 

入院前に「限度額適用(・標準負担額減額)認定証」を医療機関に提示されると、退院時の支払が自己負担限度額までとなる制度もあります。この手続きをされた場合でも、上記の高額療養費支給申請が必要となる場合もあります。≫

このページに関する
お問い合わせは
(ID:719)
水俣市役所
〒867-8555  熊本県水俣市陣内一丁目1番1号   電話番号:0966-63-11110966-63-1111   Fax:0966-62-0611  

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

(法人番号 7000020432059)
Copyright (C) 2019 Minamata City. All Rights Reserved.