水俣市トップへ

後期高齢者医療制度とは?

最終更新日:

 

【制度概要】

 少子高齢化が進み、高齢者の医療費が増える中、現役世代と高齢者世代の負担を明確にし、公平でわかりやすい制度とするため、75歳(一定の障害のある人は65歳)以上の方を対象に、創設された新たな次のような制度です。

対象者 

75歳以上の方

一定の障害があり加入を希望する65歳以上の方 

医療費の自己負担割合  1割(現役並み所得者は3割) 
保険料  被保険者全員に、負担能力に応じた保険料を納めていただきます。 
各種申請や届出  水俣市が窓口業務を行います。 
保険者  熊本県後期高齢者医療広域連合が保険者となります。

 

 

【運営のしくみ】  

運営主体(保険者)  熊本県後期高齢者医療広域連合(県内全市町村が加入) 

広域連合と水俣市の役割

広域連合  被保険者の認定、保険証の交付、保険料の賦課など 
水俣市  各種申請書等の受付、保険証の引渡し、保険料の徴収など 

 

  ⇒ 運営の仕組み(図(PDF96KB)はこちら 別ウィンドウで開きます

 

 

 

 



 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:780)
水俣市役所
〒867-8555  熊本県水俣市陣内一丁目1番1号   電話番号:0966-63-11110966-63-1111   Fax:0966-62-0611  

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

(法人番号 7000020432059)
Copyright (C) 2019 Minamata City. All Rights Reserved.