水俣市トップへ

空き家バンクに付属する農地の下限面積が緩和されました。

最終更新日:
 

空き家バンクに付属する農地の下限面積が緩和されました

 農地などを耕作することを目的として、売買や貸し借りを行う場合は、農地法第第3条に基づく申請を行い、農業委員会の許可を受ける必要があります。

 この場合、要件の一つである下限面積(水俣市では40アール以上)を満たしている必要がありますが、水俣市空き家バンク制度実施要綱に基づき登録された空き家に付属する農地については、遊休農地の解消及び定住促進を目的として、次の要件を満たす場合に限り、下限面積を下回っていても取得可能としました。

【要件】

 (1) 空き家に付属した農地の全て又は一部が遊休農地又は遊休農地化のおそれがあり、所有者又は法定相続人による耕作や維持管理等が行われる見

     込みがないこと。

 (2) 当該農地等の周辺の農地の農業上の効率的かつ総合的な利用の確保に影響を与えないと認められること。

 (3) 空き家及び空き家に付属した農地を同時に購入すること。

 (4) 利用権等が設定されていないこと。

 (5) その他農地法第3条の権利移動要件を満たす農地であること。

 

指定から申請までの流れ

   (1) 空き家に付属した農地の指定申請

     空き家バンク別ウィンドウで開きますに登録した農地所有者が、農地の指定を農業委員会に申請。農業委員会総会で審議し、承認された場合、指定農地として告示。

 (2) 農地法第3条許可申請別ウィンドウで開きます

     農地所有者と農地の権利取得を希望する者が、農地法第3条に基づき農業委員会に申請。農業委員会総会で審議し、承認された場合、許可書を

    交付。

    ※農地法第3条による下限面積以外の許可要件

     ・自身が所有する農地(借りている農地含む)全てを効率的に耕作していること。

     ・申請者又はその世帯員等が農作業に常時従事すること。

     ・申請農地の周囲の農地の農業上の効率的かつ総合的な利用の確保に支障を生じないこと等。

 (3) 農地の権利移転

   法務局で、権利移転の手続きを行った後、土地登記事項証明写し等を農業委員会に提出。農地指定の解除を告示。

 

       空き家に付属した農地の指定申請書(様式第1号)(ワード:21.4キロバイト) 別ウインドウで開きます

       権利取得報告書(ワード:20.1キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

   ➡ 農地法第3条許可申請についてはこちら別ウィンドウで開きます
     ➡ 水俣市空き家バンク制度についてはこちら別ウィンドウで開きます

 

指定の解除

 2の(3)による指定解除の他、次に該当する場合、指定が解除されます。

  (1) 空き家バンクの登録が取消されたとき

  (2) 所有者等から指定の取消しの申し出があったとき

  (3) 所有者等の権利に移動があったとき

  (4) 虚偽の申請または不正な行為等により申請がなされたとき

  (5) 農業委員会が適当でないと認めるとき

 

農地について権利を有する者の責務

  農地法第2条の2において、農地の権利を有する者は、当該農地の農業上の適正かつ効率的な利用を確保しなければならないと規定されています。農地所有者の方は、農地の適切な管理をお願いします。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:2385)
水俣市役所
〒867-8555  熊本県水俣市陣内一丁目1番1号   電話番号:0966-63-11110966-63-1111   Fax:0966-62-0611  

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

(法人番号 7000020432059)
Copyright (C) 2019 Minamata City. All Rights Reserved.