水俣市トップへ

固定資産税の納税義務者が死亡したときの手続き

最終更新日:

 

 

固定資産税の納税義務者が死亡した場合は、相続人が納税義務を引き継ぐことになります。

 

 

相続人代表者指定届の提出

 水俣市に固定資産(土地・家屋)を所有している人が死亡した場合は、 相続人代表者指定届出書(PDF:105.8キロバイト) 別ウインドウで開きますの提出をお願いします。
 この届出は、相続の手続き(所有権移転登記)が完了するまでの間、相続人代表者へ被相続人(死亡者)の固定資産税納税通知書等を送付するためのものです。
 なお、相続人代表者が死亡した場合は、新たな代表者を相続人の中から選出していただくよう、お願いします。

 

 

留意事項

登記の正式な名義変更は、法務局で相続登記を行ってください。相続登記の手続きを長年放置しておくと、相続人が増えて登記の手続きが複雑になる場合があります。

詳しくは、熊本地方法務局ホームページ〔未来につなぐ相続登記別ウィンドウで開きます(外部リンク)〕をご覧ください。
◇水俣市で未登記の家屋を所有している人が死亡した場合で、未登記のままその家屋を相続するときは、相続関係のわかる戸籍謄本(写し可)等を添えて、 未登録家屋所有者名義変更届(PDF:63.8キロバイト) 別ウインドウで開きますの提出をお願いします。


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:1667)
水俣市役所
〒867-8555  熊本県水俣市陣内一丁目1番1号   電話番号:0966-63-11110966-63-1111   Fax:0966-62-0611  

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

(法人番号 7000020432059)
Copyright (C) 2019 Minamata City. All Rights Reserved.