水俣市トップへ

水俣市一般不妊治療(人工授精)費助成について

最終更新日:

 水俣市では、少子化対策として、子どもを産み育てやすい環境づくりを推進するため、一般不妊治療(人工授精)に必要な経費の一部を助成します。

 

助成対象者

(1)医療機関において不妊症と診断された夫婦(事実婚含む)であること。

(2)夫及び妻の両方又はいずれか一方が、水俣市に住所を有し、かつ居住している者で今後も居住予定であること。

(3)治療費助成申請日における妻の年齢が40歳以下であること。

(4)夫及び妻の年間所得の合計額が730万円未満であること。

(5)夫婦のいずれも市税及び公共料金の滞納がないこと。

(6)水俣市以外の自治体で同一の助成を受けていないこと。(熊本県の助成を除く)

 

 

対象となる治療

 助成の対象となる治療は、令和2年1月1日以降に医療機関において受けた保険外診療である人工授精です。

 

 

助成額

 一般不妊治療に要した費用のうち、保険外診療である人工授精に係る費用とします。

 ただし、文書料、個室料などの一般不妊治療に直接関係のない費用は除きます。

 助成金は、助成対象経費に相当する額とし、夫婦1組につき5万円を上限とします。

 

 

申請期限

 一般不妊治療(人工授精)を受けた日に属する月の初日から1年間までです。

 例:治療を受けた日が令和2年1月6日の場合、申請期限は令和2年12月31日まで

 

 

申請に必要な書類など

  • ○住民票
     ※同意書(様式第1号の2)を提出していただければ、必要ありません。

  • ○所得証明書
     ※申請日に属する年の1月2日時点で水俣市に住所を有している方(水俣市で所得証明書が発行できる方)のみ、同意書(様式第1号の2)を提出していただければ、必要ありません。

  • ○一般不妊治療(人工授精)に要した費用の領収書
  • ○市税を滞納していないことを証する証明書

 水俣市一般不妊治療(人工授精)費助成事業申請書(様式第1号)(エクセル:21.8キロバイト) 別ウインドウで開きます
 水俣市一般不妊治療(人工授精)費助成事業に関する同意書(様式第1号の2)(エクセル:14.6キロバイト) 別ウインドウで開きます
 水俣市一般不妊治療(人工授精)費助成事業受診等証明書(様式第2号)(エクセル:22キロバイト) 別ウインドウで開きます


このページに関する
お問い合わせは
(ID:1656)
水俣市役所
〒867-8555  熊本県水俣市陣内一丁目1番1号   電話番号:0966-63-11110966-63-1111   Fax:0966-62-0611  

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

(法人番号 7000020432059)
Copyright (C) 2019 Minamata City. All Rights Reserved.