トップページ の下の 暮らしの情報 の下の 子育て・教育・文化 の下の 子育て支援・ひとり親支援

ここから本文です。

保育所・認定こども園・新制度に基づく幼稚園(特定教育・保育施設)の利用について

 子ども・子育て支援新制度の特定教育・保育施設を利用の際には、市に申請し、認定(1号〜3号)を受ける必要があります。

 ※特定教育・保育施設とは、平成27年4月からスタートした「子ども・子育て支援新制度」により施設を運営する保育所や幼稚園などを総称する名称です。

 

1 水俣市の特定教育・保育施設

平成31年度は、市内保育所6園、認定こども園6園及び幼稚園1園の計13園の予定です。

 

保育所

白梅清香保育園、水俣保育園、ちどり保育園、わかたけ保育園、水俣さくら保育園、すずかけ保育園

 

認定こども園(幼保連携認定こども園)

中央保育園 西方寺 認定こども園、さわらびこども園、みどりの森こども園、西方寺認定こども園、はつの・あそびの森こども園

 

認定こども園(幼稚園型認定こども園)

水俣ふたば幼稚園(平成31年4月から移行予定) 

 

幼稚園(新制度に基づく幼稚園)

水俣幼稚園(平成31年4月から移行予定) 




※他に、特定教育・保育施設以外の施設として、旧制度(今までどおり)の幼稚園(私立幼稚園1園)もあります。(明光幼稚園)

 

2 認定とは?

保護者の申請により、市が保護者の状況に応じて、以下の認定をします。

平成31年度に上記の13園に入所(園)を希望する場合は、申請が必要です。

 

 認定区分 給付の内容 利用可能施設 

 1号認定の子ども

満3歳以上の小学校就学前の子どもであって、2号認定子ども以外のもの(教育を希望する場合)

教育標準時間   

幼稚園

認定こども園

 2号認定子ども

満3歳以上の小学校就学前の子どもであって、

保護者の労働又は疾病等家庭において保育を受けるのが困難であるもの(保育を必要とする場合)

保育短時間

保育標準時間

 保育所(園)

認定こども園

 3号認定子ども

満3歳未満の小学校就学前の子どもであって、

保護者の労働又は疾病等家庭において保育を受けるのが困難であるもの(保育を必要とする場合)

保育短時間

保育標準時間

保育所(園) 

認定こども園

 

3 認定申請について

◆認定こども園(保育を必要とする場合)を希望

 ⇒市役所福祉課で「2号・3号の認定申請」を行ってください。その後認定こども園で「入園申込み」を行う必要があります。

 

◆認定こども園(2号認定希望ではない場合)を希望

 ⇒各園で1号認定申請してください。市役所福祉課の窓口に来て申請する必要はありません。


◆保育所を希望

 ⇒「2号・3号の認定申請」と「入所申込み」を同時に市役所福祉課で行ってください。

  保育所入所申込案内に従って、市役所福祉課で手続きしてください。

 

 平成31年度の入所申込みはこちら

 

旧制度の幼稚園は、認定を受ける必要はありません

 入園方法等の詳細は、直接各幼稚園へお問い合わせください。

 

2号・3号認定の要件(保育希望者に関する認定)

2号・3号認定は、保護者のいずれもが、下表のいずれかの場合に該当する集団保育が可能な児童に対し、市が行います。

就労、同居親族の介護等、就学等により保育を希望される場合、保育の必要量に応じて(例:就労の場合、就労時間に応じます)いずれかの利用時間に区分されます。

 ※「標準時間保育(11時間)」…主にフルタイム勤務(参考 おおむね月120時間以上の勤務)

  「短時間保育(8時間)」…主にパートタイム勤務(参考 月48時間以上120時間未満の勤務)

 (1)就労 月48時間以上の仕事 
 (2)母親の出産 出産の前後(産前3ヶ月、出生日の翌日から起算して8週を経過した月の末日まで)

 (3)疾病・負傷等

疾病にかかり、若しくは負傷し、又は精神若しくは身体に障害を有している
 (4)同居親族の看護・介護 家庭内の長期にわたる病人や心身に障害のある人の介護等

 (5)災害復旧

地震、火災、風水害などの災害に遭い、その復旧の間
 (6)求職活動 求職活動期間(90日以内)中 
 (7)就学・職業訓練 通学等
 (8)虐待・DVのおそれ 社会的援助が必要であると認められる場合

 (9)育児休業取得中で、既に保育所等を利用している子どもがいて、継続利用が必要である

職場復帰した際に再度入所(園)の必要があり、現に入所(園)している児童の継続利用の必要があると認められる場合 
 (10)その他 上記に類する状態にあると市長が認めた場合

2号・3号認定申請のために必要な書類

→保育所希望者は、入所手続きと同じ書類ですので、重ねての提出は不要です。

 要件の確認や利用者負担額(保育料)を算定するため、父母とそれ以外の扶養義務者(家計の主宰者である場合に限ります)について、以下の1と、2・3(該当するもの)を提出してください。

 

対象者 

提出書類

 1

申請書

全員

支給認定申請書【表面】 PDF形式(170KB」 

             記入例 PDF形式(468KB)

保育所入所・保育の必要性の認定に関する申込書 

             PDF形式(107KB 

             記入例 PDF形式(280KB)

 ※児童1人につき両面1枚提出が必要です。

 

 保護者(父母等のうち、申請書の保護者欄に記載のある方)以外の方が窓口に来る場合は、別途委任状が必要です。

 (様式自由。 参考様式 PDF形式(89KB)


 ◆◆◆持参する物◆◆◆

●「印鑑」 ※ 申請書に保護者(申請者)の押印が必要です。スタンプ印ではない印鑑をお持ちください。

●「マイナンバー(個人番号)の番号がわかるもの」及び「保護者(申請者)の身元確認ができるもの」

※申請書に保護者(申請者)・配偶者・入所(園)児童・(家計の主宰者)のマイナンバーの記入が必要です。(保護者(申請者)以外については、記入のみで可。通知カード等の持参は不要。)

保護者(申請者)のマイナンバーについては、記入間違いがないか窓口で確認しますので、次のものをお持ちください。

マイナンバーの番号がわかるもの」:通知カード、マイナンバーの記載のある住民票の写しなど

身元確認できるもの」:運転免許証など。顔写真がついてない保険証等の場合は保険証と年金手帳等、2種類必要です。

 →個人番号カード(顔写真付き)をお持ちの場合は、身元確認もできますので、カードのみお持ちください。

 2

保育が必要な

理由を証明する

書類

     
就労している方 

在職証明書PDF形式(195KB) Excel形式(19KB) 

 または 「就労申立・証明書PDF形式(116KB)

※年度途中で職場が変わった場合、必ず新しい職場の在職証明書等を提出してください。

 求職中の方

 「ハローワークの求職受付票の写し」 

 及び 「求職活動状況申立書PDF形式(170KB)

※入所(園)後、90日以内に「在職証明書」の提出をしてください。

 出産

母子手帳」(写し) または 「出産予定証明書

※出産予定日の前3ヶ月、出生日の翌日から起算して8週を経過した月の末日までが認定期間です。

 疾病・負傷等 診断書等「病状を証明する書類」 
 同居親族の看護等

病人等看護届PDF形式(70KB) 

 及び 「病状を証明する書類」(診断書等、身体障害者手帳、療育手帳、または精神保健福祉法手帳の写しなど)

 就学・職業訓練

在学証明書」または「学生証の写し」など

※学校卒業までの期間等、必要な期間のみが認定期間です。

保育料算定の

ために必要な

書類

 

 課税額が水俣市で確認できない方は、右の書類提出が必要です。

例:平成30年1月2日以降水俣市に転入した場合

 【平成31年8月末までに入所される方】

1 平成30年度(平成29年分)市民税所得課税証明書

※平成30年1月1日現在の住所地の住民票担当課に依頼し、証明書の交付を受けてください。(依頼先が水俣市の場合は、提出不要です。)

※継続して入所される場合、2も必要となる場合があります。


【平成31年9月以降入所される場合】

 平成31年度(平成30年分)市民税所得課税証明書
※平成31年1月1日現在の住所地の住民票担当課に依頼し、証明書の交付を受けてください。(依頼先が水俣市の場合は、提出不要です。)※平成30年6月以降発行可能となります。

在宅障害児(者)のいる世帯

身体障害者手帳、療育手帳、または精神保健福祉手帳の写し

※保育料の階層区分によって保育料が軽減措置が受けられる場合があります。

※上記の他、認定を希望する理由や家族構成により、追加で資料提出をお願いする場合があります。

※国の制度変更に伴い、変更となる場合があります。

 

4 利用者負担額(保育料)について


→ お問合せ先

水俣市役所 福祉課 子ども子育て支援室
電話 0966-61-1660 FAX 0966-63-9044

このページの先頭へ

更新日:2018/12/13