トップページ の下の 暮らしの情報 の下の 税金 の下の 個人住民税

ここから本文です。

個人市民税

 

 ● 給与所得者の特別徴収について

 給与所得者については、会社などの給与の支払者(特別徴収義務者といいます)が、6月から翌年5月までの各月の給与から市県民税を差し引き、これを翌月の10日までに納めていただくことになっています。納期は6月から翌年5月までの12回です。

 個人住民税の特別徴収全県推進について

熊本県と県内市町村は、平成25年度までに個人住民税の特別徴収事業者への完全指定実施を目指しています。

詳しい情報は、熊本県ホームページをご覧ください。⇒ 「個人住民税の特別徴収の全県推進について」

 

 ● 年の途中で退職した場合の特別徴収

 すべての年税額を納め終える前に、退職・休職、その他の理由により、給与から差し引けなくなった場合、下記の一括徴収を除いて、残りの税額は納税通知書(納付書)により、ご本人に直接納めていただくことになります。

一 括 徴 収

◇6月1日から12月31日までの間に退職した人などで、残りの税額を給与又は退職金からまとめて差し引くことを申し出た場合

◇翌年1月1日から4月30日までの間に退職した人などで、残りの税額を超える給与又は退職金がある場合。(この場合は、本人の申出がなくても残りの税額は給与又は退職金から一括徴収されます。)


 ● 個人住民税に関する書類のマイナンバー(個人番号・法人番号)の記入について

   ○ 【平成29年1月1日から個人住民税に関する届出にマイナンバーが必要です】

 

 ● 個人番号を記載した書類を提出する際の本人確認について

   ○ 【本人確認書類一覧】

          ※ 郵送提出の場合も本人確認書類の写しが必要です。

【特別徴収の手引き・給与支払報告書・総括表・切替書】

 ○ 特別徴収の手引き(PDF 3102KB)

 ○ 給与支払報告書の提出について(お願い)(PDF 206KB)

 ○ 事業主の皆さまへ(PDF240KB)

 ○ 総括表(水俣市様式)

 ○ 個人住民税の普通徴収への切替書

 

 

【異動届等様式】

   ○ 異動届などの提出方法

   ○ 様式1「給与所得者異動届出書」 (PDF 16KB)

    【記入例1】他の事業所へ転勤(転職)し、新規事業所で引き続き、給与天引きする場合

    ・【記入例2】退職して普通徴収へ切替えの場合

    ・【記入例3】退職して一括徴収する場合

   ○ 様式2「特別徴収依頼届出書」(PDF 9KB) 

    【記入例4】就職した場合

   ○ 様式3「特別徴収義務者の所在地・名称変更届書」(PDF 154KB)

    ・【記入例5】事業所が住所・名称を変更した場合

   ○ 様式4「特別徴収に係る市県民税の納期の特例に関する申請書」(PDF 84KB)

    ・【記入例6】事業所が特別徴収税額の納期の特例を申請する場合

   ○ 様式5「特別徴収に係る市県民税の納期の特例を欠いた場合の届出書」(PDF 55KB)

    ・【記入例7】事業所が特別徴収税額の特例要件を欠いた場合

   ○ 様式6「退職所得に係る納入内訳書」(PDF 226KB)

    ・【記入例8】退職者に退職金を支払う場合

    ・【退職所得にかかる市県民税シュミレーション】(平成25年1月1日以降退職用)

   ○ 様式7「郵便局指定通知書」(PDF 144KB)

 

 

【光ディスク等による給与支払報告書の提出について】
 ※ 平成24年度税制改正により、国税において光ディスク等による提出が義務付けられたものは、平成26年1

  月1日以降に市に提出する給与支払報告書についても、eLTAX(エルタックス)または光ディスク等により

  提出することが義務付けられました。

 ○ 新たに光ディスク等により給与支払報告書を提出する場合、事前に承認申請書の提出が必要です。

   ・【承認申請書】

 ○ 承認を受けた後、光ディスク等による提出を廃止する場合、廃止届の提出が必要です。

   ・【廃止届出書】

 

【提出方法及び提出先】
 上記様式に必要事項を記入のうえ、郵送又は直接窓口へ提出してください。
 〒867-8555
 水俣市陣内一丁目1-1
 水俣市役所 税務課 市民税係
 電話:0966-61-1610

 



▲このページの先頭へ

→ お問合せ先
水俣市役所 税務課 市民税係
電話番号  0966-61-1610

このページの先頭へ

更新日:2019/4/26