水俣市議会トップへ

議会も改革に取り組んでいます!

最終更新日:

議会も改革に取り組んでいます!

 水俣市議会では、次のような取り組みを行っています。

・一般質問に一問一答方式を導入(平成15年12月~)

・海外視察研修を凍結(平成15年度~)

・議会ホームページの開設(平成16年度~)

・各委員会の行政視察旅費を削減(上限10万円/回→上限8万円/回:平成16年度~)

・各会派に対して交付される政務調査費を削減(月額3万円/人→月額2万円/人:平成17年度~)

・会議出席の費用弁償を削減(全廃:平成18年度~)

・議員報酬を10%削減(平成23年5月~)

・水俣市議会基本条例、水俣市政治倫理条例を制定(平成23年4月施行)

・議会報告会を開始(平成23年9月~)

・議案の賛否を議会だよりに掲載(平成24年1月~)

・議会インターネット中継を開始(平成24年12月~)

・政務活動(調査)費を公開(平成24年度~)

・議長交際費を公開(平成24年度~)

・各委員会の調査活動の充実を図るため、行政視察旅費を増額(上限8万円/年→上限12万円/年)

 (国内いずれの先進地へも視察できるよう見直したもの)                      

 

わかりやすい!一般質問の一問一答方式

 水俣市議会の一般質問は、答弁が質問項目ごとになされる「一問一答方式」を採用していますが、従来の一括答弁方式(いくつかの質問があっても、一度に答弁がなされる方法)と比べてわかりやすく議論が深まるとの声が聴かれています。

 

議員定数の削減

 平成15年5月 議員定数24人→22人(2名減)

 平成19年5月 議員定数22人→18人(4名減)

 平成23年5月 議員定数18人→16人(2名減)

 

 

 

 

議員研修会の様子

 平成24年7月3日(火)に、全国的に議会改革が進んでいることで知られている京都府京丹後市議会の前議長 池田惠一氏を迎え、議会改革についての研修を行いました。 議会改革は何のために行うのか、どのような取り組みをしているのか等、具体的な説明を受けた後、質疑応答を行いました。時間が足りなくなるほどとても活発な研修会となりました。



このページに関する
お問い合わせは
(ID:180)
水俣市議会事務局
〒867-8555 水俣市陣内一丁目1番1号 電話番号:0966-61-1661 FAX:0966-62-0987

Copyright (C) 2019 Minamata City. All Rights Reserved.