トップページ の下の 環境モデル都市 の下の 水銀に関する水俣条約

ここから本文です。

「水銀に関する水俣条約」発効記念行事の開催について

 

地球規模での水銀汚染を防止する目的で採択された「水銀に関する水俣条約」が、平成29年8月16日に発効することが決定しました。

水俣条約発効を記念して、「水俣条約発効記念行事〜発効に向けた水俣からの声〜」を、環境省、熊本県、水俣市、国連環境計画(UNEP)との共催で、平成29年7月1日(土)に水俣市内で開催します。

 

             

水銀に関する水俣条約(以下「水俣条約」といいます。)は、地球規模での水銀汚染を防止すべく、各国が連携して水銀のライフサイクル全体を通じた適正管理や排出削減を目指すための国際環境条約です。

水俣条約は、平成25年10月に水俣市・熊本市で開催された外交会議において採択され、日本は平成28年2月に条約を締結しました。

今般、水俣条約の発効要件が満たされたため、発効が決定しました。

 

 

 

「水俣条約発効記念行事〜発効に向けた水俣からの声〜」の一般参加者を募集します。

参加を希望する人は、申し込みフォーマット(添付ファイルあり)に必要事項を入力して、平成29年6月15日(木)17時までに運営事務局(株式会社コングレ)あて、メール(minamata2017@congre.co.jp)で申し込んでください。

 

一般参加の申し込みができる人は、中学1年生以上です。

 

なお、会場の座席数に限りがありますので、応募者多数の場合は抽選となります。あらかじめご了承ください。

抽選の結果は、6月23日(金)までに運営事務局(株式会社コングレ)からお知らせします。

 

当日は、インターネットで世界に向け同時進行で配信される予定です。

また、報道機関による行事の取材が入りますので、申し添えます。

 

 

 


 【行事概要〕

 日時:平成29年7月1日(土)14時〜16時10分頃 (13時30分開場)

 場所:国立水俣病総合研究センター 情報センター 講堂

    (水俣市明神町55ー10)

 主催:環境省、熊本県、水俣市、国連環境計画(UNEP)

 

 【プログラム(予定)】

  14:00〜 第1部

        1 開会挨拶

           環境省

           国連環境計画(エリック・ソールハイム事務局長)

           熊本県

        2 世界からのメッセージ

           海外の水俣条約関係者からビデオメッセージをいただく予定です。

        3 水俣市中学生から世界へのメッセージ

 

  15:00〜 第2部

        4 記念講演

           フェルナンド・ルグリス氏(水俣条約政府間交渉委員会議長)

        5 水俣トーク

           水俣市長 西田弘志 ほか

        6 閉会挨拶

  ※プログラムは変更になる場合があります。

  ※日本語・英語の同時通訳で行う予定です。

 

 

 

 

 


 


→ お問合せ先

水俣市役所 環境課 環境政策室
電話 0966-61-1612 FAX 0966-63-9044

このページの先頭へ

更新日:2017/6/2