水俣市トップへ

子宮頸がん予防ワクチンのキャッチアップ接種・償還払いについて

最終更新日:
 

接種機会を逃した方にキャッチアップ接種を実施します

  積極的勧奨が差し控えられていた期間に、定期接種の対象年齢となり、接種機会を逃した方にキャッチアップ接種を実施します。


 

対象者

 次の1〜3のすべてに該当する人

  1. 平成9年4月2日生まれから平成18年4月1日生まれまでの女子
  2. 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の規定接種回数(3回)を終えていない未接種者・接種中断者
  3. 接種日に水俣市に住民登録がある人

 ※対象者には、個別通知をしています。

 

接種回数

 規定接種回数は3回(接種中断者は、規定接種回数の不足回数)

 

接種期間

 令和7年3月末


 

接種に必要なもの

  • 母子手帳等(母子手帳をお持ちの方は、接種時にお持ちください。)
※母子手帳がない方で、過去の接種記録が分かる物をお持ちの方は、接種記録をお持ちください。

  • 予診票(ガーダシルまたはサーバリックスのどちらかの予診票)


 

接種までの流れ

 (1)予診票の準備

  いきいき健康課(保健センター)窓口に来所いただくか、郵送希望の方は電話連絡をお願いします。

 (2)市内委託医療機関へ予約

  詳しくは、キャッチアップ接種についてお知らせ(PDF:630.5キロバイト) 別ウインドウで開きます  医療機関一覧(PDF:114キロバイト) 別ウインドウで開きます 

  をご覧ください。

 
 

子宮頸がん予防ワクチン(HPV)を自費で接種した方への費用助成(償還払い)について

 HPVワクチン接種の積極的勧奨を差し控え期間に、定期接種の対象年齢(16歳となる日の属する年度の末日まで)を過ぎて、令和4年3月31日までに自費で接種(任意接種)した方に対し、接種費用の助成(償還払い)を実施します。


 

対象者

以下の条件を全て満たす方

  • 令和4年4月1日時点で、水俣市に住民登録がある方
  • 平成9年4月2日から平成17年4月1日までの間に生まれた女性
  • 16歳となる日の属する年度の末日までに(定期接種の対象期間内に)HPVワクチンの定期接種において3回の接種を完了していない方
  • 17歳となる日の属する年度から令和4年3月31日までに国内の医療機関でHPVワクチンの任意接種を受け、実費を負担した方
  • 償還払いを受けようとする接種回数分についてキャッチアップ接種としての定期接種を受けていない方

 

申請受付期間

 令和4年8月1日~令和7年3月末


 

申請方法

「必要書類」を準備し、いきいき健康課(水俣市保健センター)窓口で申請してください。

償還払い申請書は、以下所定様式第1号をダウンロードし、印刷してのご使用も可能です。

 様式第1号(第4条関係)(PDF:170キロバイト) 別ウインドウで開きます


 

必要書類

 1.接種記録が確認できる書類の写し(母子健康手帳「予防接種の記録」欄、医療機関が発行する接種証明書等)

上記いずれの接種記録書類がない場合は、接種した医療機関に問い合わせ接種証明書の発行を依頼してください。

その際、接種証明書は医療機関の様式でも可能ですが、本市所定の以下様式第2号でも必要書類に代えることができます。

様式第2号「水俣市ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請用証明書」をダウンロードし、印刷して使用してください。

ただし、当該様式の発行に要した医療機関への文書料は助成対象外ですので、予めご了承ください。

※様式第2号 様式第2号(PDF:68.6キロバイト) 別ウインドウで開きます

 2.接種費用の支払いを証明できる書類(領収書、明細書、支払証明書等)の原本

 3.接種者の氏名・住所・生年月日が確認できるもの(運転免許所、住民票、健康保険証等いずれか)

 4.振込希望先金融機関の通帳又はキャッシュカード

 

 

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)定期予防接種の個別勧奨の再開について

 子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月1日から定期予防接種となりましたが、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛などの副反応が報告されたことから、平成25年6月14日より、積極的な勧奨は差し控えられていました。

 その後、ワクチンの有効性及び安全性に関する評価など、持続的に議論が行われ、改めて、ワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることが認められました。

 今般、令和3年11月26日の国の通知により、「HPVワクチンの積極的勧奨を差し控えている状態を終了させることが妥当」とされ、子宮頸がん予防ワクチン定期予防接種の個別勧奨が再開されることになりました。

 ワクチンの有効性やリスク等を十分ご理解いただいた上で、接種をお願いします。



子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)定期予防接種対象者・接種期間について



 

接種対象者

 小学6年生から高校1年生相当の女子(標準的な接種年齢は中学1年生)


接種期限

 16歳となる日の属する年度の末日まで(高校1年生相当まで)

 ※全3回の接種完了まで約6か月の期間がかかりますので、接種期限にご注意ください。


 

接種に必要なもの

  • 母子手帳
  • 予診票(ガーダシルまたはサーバリックスのどちらかの予診票)

 

接種までの流れ

 標準的な接種開始年齢である中学1年生には、予診票を個別通知しています。

 中学1年生を除く、他の定期接種対象者で接種を希望される方は、保健センターで予診票を交付します。

 医療機関へ予約し、予診票の受け取りを、いきいき健康課(保健センター)窓口に来所いただくか、郵送希望の方は電話連絡をお願いします。

 ※子宮頸がん予防ワクチンを実施している医療機関及び子宮頸がん予防ワクチンの詳細については、以下のリンク先ファイルをご覧ください。



 

ワクチン接種後は定期的に子宮頸がん検診を受けましょう

 子宮頸がん予防ワクチンは、すべての発がん性HPVの感染を予防できるわけではありません。早期に発見するためには、定期的に子宮頸がん検診を受けることをおすすめします。水俣市では、20歳になったら子宮頸がん検診が受けられます。検診の案内をご覧いただき、「予防接種」と「検診」で子宮頸がんから体を守りましょう。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:2850)
水俣市役所
〒867-8555  熊本県水俣市陣内一丁目1番1号   電話番号:0966-63-11110966-63-1111   Fax:0966-62-0611  

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

(法人番号 7000020432059)
Copyright (C) 2019 Minamata City. All Rights Reserved.