水俣市トップへ

高収益作物次期作支援交付金について(第4次募集開始)

最終更新日:
  • 【高収益作物次期作支援交付金について】

令和3年1月から3月に発令された新型コロナウイルス感染症のまん延防止のための緊急事態宣言に伴う影響により売上減少の影響を受けた高収益作物(下記参照)について、国内外の新たな需要等に対応する観点から、次期作に前向きに取り組む農業者を国が支援します。

         記

○支援対象品目

(全国共通)

メロン、つまもの類(わさび、穂じそ、大葉等)、香酸カンキツ(すだち、かぼす、ゆず、レモン等)、切り花、タケノコ等(肥培管理しているもの)

(熊本県特認)

ホウレンソウ、セロリ

 

※今回の支援対象品目に、甘夏、不知火(デコポン)、玉ねぎ、お茶等は含まれません。

 

 

【支援対象者】

・令和3年1月から3月の支援対象品目の売上が、基準年(前々年もしくは平年)の同時期より減少した農業者

(留意点)

第4次公募の支援対象は、令和3年1月から3月の緊急事態宣言による影響を受けた農業者が行う取組です。従って、第3次までの公募で既に交付金を受け取った農業者も第4次公募による支援を受けることができます。

 

【今回公募での主な変更点】

(1)支援対象期間は、緊急事態宣言が発令された令和3年1月から3月。

(2)支援の対象となる面積は、支援対象品目のうち令和3年1月から3月に出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった圃場の合計面積が上限。

(3)交付額は、支援対象品目に係る令和3年1月から3月の農業者の減収額の8割が上限。

(4)収入保険の加入者は、収入保険の保険金等を算定する際に本交付金の交付額を収入として計上。

(5)収入保険の未加入者は、加入に向けて共済組合と保険設計の相談等を行うことが要件。
 

【申請書類等の提出先】
 

      ・申請書類等については、「JAあしきた」が取りまとめて国へ提出します。 
         申請窓口については、以下のとおりです。
      (「JAあしきた」正・準組合員)
      ・「JAあしきた」へ提出をお願いします。
    (「JAあしきた」組合員以外の方)
    ・水俣市農林水産課に提出してください。(取りまとめて「JAあしきた」に提出します。)
     
       

      【交付申請期間】

          第4次募集期間
              ・令和3年6月18日(金曜日)~8月11日(水曜日)まで
                  ※JAあしきた及び水俣市農林水産課へ提出される場合は、7月30日(金曜日)までに提出してください。

    【支援内容】

    支援策(高収益作物の次期作の取り組みに対する支援)

    (概要)

    ・次期作に前向きに取り組む高収益作物(対象品目に限る)の生産者に対し、交付対象となる取り組みを2つ以上行う場合、農業者ごとの交付上限額交付対象面積に支援単価を掛けた金額を比較し、小さい額を交付します。

     

    (交付単価)

     品目名

    交付単価

    (全国共通)

    メロン、つまもの類(わさび、穂じそ、大葉等)、香酸カンキツ(すだち、かぼす、ゆず、レモン等)、切り花、タケノコ等(肥培管理しているもの)

    (熊本県特認)

    ホウレンソウ、セロリ

    5万円/10a

    ※中山間地域(水俣・芦北地域)の場合、補助率1割加算→5.5万円/10a

     施設栽培の花き、大葉、わさび 80万円/10a ※中山間地域の補助率加算はありません。
     施設栽培のマンゴー、おうとう(さくらんぼ)、ぶどう 25万円/10a ※中山間地域の補助率加算はありません。

     ※施設栽培の対象となる施設は、加温装置(空調装置)又はかん水装置がある施設です。(いわゆる雨よけハウスは除きます。)

     

     (交付対象となる取組) 

    取組類型

     取組項目

     ア 生産・流通コストの削減に資する取組

     (1)機械化体系の導入

     (2)集出荷経費の削減に資する資材の導入

     イ 生産性又は品質向上に要する資材等の導入に資する取組

     (3)品目・品種等の導入

     (4)肥料・農薬等の導入

     (5)かん水設備の導入

     ウ 土づくり・排水対策等作柄安定に資する取組

     (6)土壌改良・排水対策の実施

     (7)被害防止技術の導入

     エ 作業環境の改善に資する取組

     (8-1)労働安全確認事項の実施(講習会等の受講等)

     (8-2)農業機械への安全装置の追加導入、ほ場環境改善・軽労化対策の導入

     オ 事業継続計画の策定の取組

     (8-3)事業継続計画の策定等

     ・ア~オの(1)~(8-3)の取組の中から2つ以上の取り組みを選択してください。

    ※エ、オの(8-1)~(8-3)の取組については、どれか1つしか選択できません。

    ※第3次公募までにエ、オで取組んだ取組については、今回取組の対象になりません。

    ※施設栽培の取組(80万円/10a、25万円/10a)については、エ、オは選択の対象になりません。

     

    (農業者ごとの交付上限額)

     支援対象品目における、令和3年1月から3月の売上減少額(※)の合計の8割。

    ※基準年(前々年(令和元年度)もしくは平年)の同時期と比較

     

    (交付対象面積)

     農地台帳及び共済細目書等の公的資料に記載された圃場面積を基に確認した面積であって、次の(1)の面積を上限として(2)の面積を対象。

     (1)支援対象品目の作付面積のうち、令和3年1月から3月の出荷実績がる又は廃棄等により出荷できなかった圃場の面積。

     (2)次期作における高収益作物の作付面積のうち、交付対象となる取組項目の中から2つの取組を選んで同一圃場において実施する面積。

     

    【交付金の申請及び申請に必要な書類】

    ・申請書等については、現在準備中です。

      • ・申請の要望がありましたら、水俣市農林水産課までご相談ください。
        (その他の必要書類)
      • ・申請書等の書類の他に、以下の書類の提出も必要になります。
      • ・対象品目の令和3年1月~3月に出荷実績がある、又は廃棄等により出荷できなかったことを証明する資料(出荷伝票の写し、廃棄がわかる写真等)
      • ・対象品目の令和3年1月~3月の売上がわかる資料及び前々年度もしくは平年の売上がわかる資料
      • ・農地面積を証明する書類の写し(農地台帳、農家台帳、耕作証明書、共済細目書等※特定農作業の受託契約をしている場合は当該契約書も提出)
    •  また、借地して耕作を行っている農地について本交付金の申請を行う場合、必ず利用権設定の登録が必要になりますので、利用権設定がお済みでない場合は、事業完了までに必ず利用権設定を農業委員会で行ってください。
          •  

            【実績報告時に必要な書類】

          • ・実績報告書等については、現在準備中です。
          • ・申請された方に、後日直接お知らせします。

     

    事業の詳細について

     事業の詳細については、下記のリンク先の農林水産省ホームページをご参照ください。

    別ウィンドウで開きます(外部リンク)https://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/engei/210331.html

     

    この件に関する問合せ先

    (事業の詳細に関すること)

    ・九州農政局農産園芸課

     問合せ時間 平日8時30分から17時15分

     電話番号 096ー300ー6253

     

    (事業の申請に関すること)

    ・あしきた農業協同組合営農部振興課

     問合せ時間 平日9時00分から17時15分

     電話番号 0966-82-4874

    ・水俣市役所農林水産課

     問合せ時間 平日9時00分から17時00分

     電話番号 0966-61-1634

     


     

    このページに関する
    お問い合わせは
    (ID:2388)
    水俣市役所
    〒867-8555  熊本県水俣市陣内一丁目1番1号   電話番号:0966-63-11110966-63-1111   Fax:0966-62-0611  

    [開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

    (法人番号 7000020432059)
    Copyright (C) 2019 Minamata City. All Rights Reserved.