水俣市トップへ

新型コロナウイルスワクチン接種について

最終更新日:

 

ワクチン接種を希望されている方へ

水俣市の新型コロナウイルスワクチン接種について

 現在、医療機関、コールセンター及び予約受付サイトによる新型コロナワクチン接種の予約受付は終了しております。

 今後12歳になられる方や何らかの理由によりこれまで接種ができなかった方への接種は継続していきますので、接種を希望される方は、いきいき健康課(62-3028)へお問い合わせください。

 なお、水俣市が保有しているワクチンの数には限りがありますので、希望される方は早めにお問い合わせください。

    

 また、熊本県の県民広域接種センターでは、 1回目接種の予約は終了し、現在「モデルナ2回目のみの接種枠」が11月21日まで予約受付中です。

 ●県民広域接種センターについてはこちら → https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/45/102271.html別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 ●県民広域接種センターの予約は →   https://www.covid19-vaccine.mrso.jp/kumamoto/VisitNumbers/visitnoAuth/別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 

新型コロナワクチン接種の対象者について

 水俣市内の医療機関、集団接種会場では、ファイザー社のワクチンを使用しています。

   ファイザー社ワクチンは接種日に、12歳以上の方が対象になります。

 ※接種の際は、接種券(クーポン券)と予診票と本人確認証(運転免許証、健康保険証など)をご持参ください。

  予診票は事前に記入して持参してください。

  接種券(クーポン券)はシールを台紙からはがさずに、持参してください。

 ※18歳以下の方は、母子手帳も持参ください。 

 

 接種の受付状況の確認、予約の空き状況を確認するために厚生労働省コロナワクチンナビをご活用ください。  

  ★厚生労働省コロナワクチンナビ → https://v-sys.mhlw.go.jp/search/別ウィンドウで開きます(外部リンク)                                                    

 

 

 

新型コロナウイルスワクチン接種について

原則、入院・入所中の人を除き、住民票がある市町村で接種します。

 やむを得ない理由がある場合は、住民票所在地以外で接種ができます。

 ○やむを得ない理由

 (1)入院・入所者

 (2)基礎疾患を持つ人が主治医の下で接種をする場合

 (3)災害で被災した人

 (4)出産のため里帰りしている妊産婦

 (5)単身赴任者

 (6)遠隔地へ下宿している学生

 (7)DV・ストーカー行為・児童虐待およびこれらに準ずる行為の被害者

 (8)拘留者・留置者・受刑者、

 (9)その他市町村長がやむを得ない事情があると認める人

 (10)国または、都道府県等が設置する「大規模接種会場」で接種を受ける場合

 (11)職域接種を受ける場合

 (12)通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合に当該サービスの利用者

 (13)コミュニケーションに支援を要する外国人や障がい者等がかかりつけ医の下で接種する場合

 (14)市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合

 (15)副反応のリスクが高い等のため体制の整った医療機関での接種を要する場合

 ※(4)、(5)、(6)、(7)、(9)に該当する人は接種を行う市町村に事前に届け出を行う必要があります。

 

 水俣市外の方が水俣市で接種を受ける際の住所地外接種についてはこちら→ https://www.city.minamata.lg.jp/kiji0032391/index.html 別ウィンドウで開きます

 

 

接種費用は無料です。

 市が発行する「接種券」を接種会場で提示するだけで接種が受けられます。

 

 

接種は1人2回です。一定の間隔をあけて2回受ける必要があります。

 ワクチンは原則2回接種で、接種するワクチン毎に規定の接種間隔が設けられています。

 ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。

 1回目から3週間を超えた場合は、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

 ※ワクチン接種の前後に他の予防接種を受ける場合、13日以上の間隔をあけてください

 ※市内の個別接種医療機関及び集団接種では、ファイザー社製のワクチンを使用しています。(R3.7月現在)

 

 武田/モデルナ社のワクチンでは、通常、1回目の接種から4週間後に2回目の接種を受けます。

 1回目から4週間を超えた場合は、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

 ※ワクチン接種前後に他の予防接種を受ける場合には、13日以上間隔をあけてください。

 ※大規模接種会場では、武田/モデルナ社のワクチンが使用されている場合があります。

 ※県民広域接種センターでは武田/モデルナ社のワクチンが使用されています。

 

 アストラゼネカ社のワクチンでは、通常1回目の接種から4週間から12週の間隔(8週間以上が望ましい)で2回目の接種を受けます。

 また、アストラゼネカ社のワクチンは、原則40歳以上が対象です。(18歳以上40歳未満の方でも必要がある場合には対象となります(注1))

 (注1)ほかの新型コロナワクチンではなく特にアストラゼネカ社ワクチンの接種を希望する場合。

 

  熊本県でのアストラゼネカ社ワクチン接種については、こちら→ https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/45/107611.html別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 

ワクチン接種の優先接種対象者について

 ○高齢者

  令和3年度中に65歳に達する人(昭和32年4月1日以前に生まれた人)

  高齢者への接種は、クラスター(集団感染)を予防する観点から、4月末から高齢者施設入所者の接種を開始しました。

  一般の高齢者ワクチン接種の予約は、年齢を分けて6月1日から開始しています。

 

 ○基礎疾患を有する人

  基礎疾患を有する人とは、次のいずれかにあてはまる人です。(令和3年3月19日現在)

  1.以下の病気や状態の方で、通院/入院している人          

  (1)慢性の呼吸器の病気  

  (2)慢性の心臓病(高血圧を含む)             

  (3)慢性の腎臓病                                

  (4)慢性の肝臓病(肝硬変など)    

  (5)インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病  

    (6)血液の病気(ただし鉄欠乏性貧血を除く)      

      (7)免疫の機能が低下する病気 (治療中の悪性腫瘍含む) 

      (8)ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている

      (9)免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患

      (10)神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害)

      (11)染色体異常 

    (12)重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)

      (13)睡眠時無呼吸症候群

      (14)重度の精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障がい者保健福祉手帳又は療育手帳を所持している、又は自立支援医療(精神

    通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

 

     2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の人          

    BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

    ※接種の際、証明書等は不要です。自己申告で接種ができます。

 

  ※参考資料)

    知的障がいのある方向け案内(PDF:105.7キロバイト) 別ウインドウで開きます

    知的障がいのある方向け説明書(PDF:992.2キロバイト) 

 

 

接種券の発行(再発行)

 65歳以上の高齢者にワクチン接種に必要な「接種券」をR3.3月に市から発送しました予診票は、5月末に郵送しました。

 64歳以下の方については、6月末に発送しました。「接種券」「予診票」「お知らせ」「説明書」「医療機関一覧」を同封しています。

   紛失、破損した場合は、再発行ができます。市いきいき健康課へお問い合わせください。

   今年度中に12歳になる方へは、誕生月の月末に接種券、予診票を送付します。

 

 

ワクチン接種時の同意

 ワクチン接種は、受けていただくよう勧めていますが、強制ではありません。接種を受ける人の同意がある場合に限り接種が行われます。

 職場や周りの人などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることがないようお願いします。

 

 

ワクチン接種前の注意点

 何らかの病気で治療中の方や、体調など接種に不安がある方は、かかりつけの医師等に相談のうえワクチン接種を受けるかどうかお考えください。

 ・自宅で予診票を必ず記入し、接種会場に、接種券と一緒に持参してください。

 ・自宅で体温をはかってから接種に行ってください。

 ・マスクの着用、肩を出しやすい服装でお越しください。

 

 ■ワクチン接種については、下記のお知らせをご覧ください

  ワクチン接種についての説明書(ファイザー社)(PDF:766.7キロバイト) 別ウインドウで開きます

  ワクチン接種についての説明書(ファイザー社)(英語)(PDF:534.3キロバイト) 別ウインドウで開きます

  血液サラサラのお薬を飲んでいる人へ(PDF:535.6キロバイト) 別ウインドウで開きます

  12歳~16歳未満の方の保護者向け説明書(PDF:849.6キロバイト) 別ウインドウで開きます

  ワクチン接種について(12歳以上のお子さまと保護者さま)(PDF:3.57メガバイト) 別ウインドウで開きます

 

ワクチン接種後の副反応について

 接種後にはワクチンが免疫をつけるための反応を起こすことにより、接種部位の痛み、発熱、頭痛などの「副反応」が起こる可能性があります。
治療が必要となったり、障害が残るほどの副反応はまれですが、ゼロではありません。予防接種による健康被害は救済制度が設けられています。

 

    ワクチン接種後の注意点(ファイザー社、R3年7月13日改訂)(PDF:638.8キロバイト) 別ウインドウで開きます

  厚生労働省新型コロナワクチン接種についてのQ&A別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 【熊本県専門的相談窓口について】

  熊本県ホームページ  → https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/30/88276.html別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 

接種後も感染予防対策をお願いします

 ワクチンを受けた方は、新型コロナウイルス感染症の発症を予防できると期待されていますが、ほかの方への感染をどの程度予防できるかはまだわかっていません。また、ワクチン接種が徐々に進んでいく段階では、すぐに多くの方が予防接種を受けられるわけではなく、ワクチンを受けた方も受けていない方も共に社会生活を営んでいくことになります。このため、皆様に感染予防対策を継続していただくようお願いします。

 具体的には、「3つの密(密集・密接・密閉)」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒の励行などをお願いします。

 

ワクチン接種に関する相談

 市では、一般的なワクチン接種に関する問い合わせの専用コールセンターを設置しました。

 受け方についてや接種券の発行などに関するお問い合わせは、下記にご連絡ください。

 

 【水俣市新型コロナワクチンコールセンター】※11月15日(月曜日)18時まで

  0570-060-868 (有料ナビダイヤル) 

  受付時間:9時~18時(土日祝日を除く)

 

  ※11月15日18時以降のお問い合わせは、いきいき健康課(62-3028)まで(土日祝日除く)

 

 

 

ワクチンに関する情報について

 

 新型コロナウイルス感染症の有効性や安全性などの詳しい情報については、

 「首相官邸ワクチン特設ページ」別ウィンドウで開きます(外部リンク)で確認することができます。

 

  新型コロナワクチン接種に関することについて

  新型コロナワクチンについてみなさまに知っていただきたいこと(PDF:6.02メガバイト) 別ウインドウで開きます

    新型コロナワクチン接種のお知らせ(ファイザー、武田/モデルナ)R3年7月13日改訂(PDF:3.26メガバイト) 別ウインドウで開きます 

 

 新型コロナワクチン接種の施策的な問い合わせ先

 (厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター)
  電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
  受付時間:9時00分から21時00分まで(土日・祝日も実施)

このページに関する
お問い合わせは
(ID:2234)
水俣市役所
〒867-8555  熊本県水俣市陣内一丁目1番1号   電話番号:0966-63-11110966-63-1111   Fax:0966-62-0611  

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

(法人番号 7000020432059)
Copyright (C) 2019 Minamata City. All Rights Reserved.