水俣市トップへ

予防接種のワクチンの接種間隔の規定が変更になりました!

最終更新日:

 

異なる種類の予防接種のワクチンを接種する際の接種間隔のルールが一部変更になりました

 

 令和2年9月末までは、不活化ワクチンの接種後6日以上、生ワクチンの接種後27日以上の間隔をおかなければ、次のワクチン接種を受けることができませんでした。

令和2年10月1日から、異なるワクチンの接種間隔について、注射生ワクチンどうしを接種する場合は27日以上あける制限は維持しつつ、その他のワクチンの組み合わせについては、一律の日数制限は設けないことになりました。

 

 

異なる種類のワクチンを接種する際の接種間隔のルール

 ○「注射生ワクチン」の接種後27日以上の間隔をおかなければ、「注射生ワクチン」の接種を受けることはできません(変更なし)。

例)麻しん風しん混合ワクチン接種後に水痘ワクチンを接種する場合など

 ○それ以外のワクチンの組み合わせでは、前のワクチン接種からの間隔にかかわらず、次のワクチンの接種を受けることができるようになりました。

例)ヒブ・小児用肺炎球菌・四種混合ワクチンの追加(4回目)を接種後に麻しん風しん混合ワクチンを接種する場合など

 

 ◆接種から数日間は、発熱や接種部位の腫脹(はれ)などが出ることがあります。ルール上接種が可能な期間であっても、必ず、発熱や、接種部位の腫脹(はれ)がないこと、体調が良いことを確認し、かかりつけ医に相談の上、接種を受けてください。

 

 ※詳しくは、厚生労働省のホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)リーフレット別ウィンドウで開きます(外部リンク)を御参照ください。

 

 



 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:2040)
水俣市役所
〒867-8555  熊本県水俣市陣内一丁目1番1号   電話番号:0966-63-11110966-63-1111   Fax:0966-62-0611  

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

(法人番号 7000020432059)
Copyright (C) 2019 Minamata City. All Rights Reserved.