水俣市トップへ

毎月19日は「いきいき健康食育の日」!(令和2年6月)

最終更新日:

毎月19日は「いきいき健康食育の日」!(令和2年6月)

 

「元気ですかー?」

 今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言も発令され、皆様の日常生活にもいろいろな影響や変化があったのではないでしょうか。

 普段の生活リズムが変わったり、行きたい所にも気軽に外出できなかったりと、様々な影響が考えられます。

 今現在の自分の、御家族の体調はいかがでしょうか?元気な毎日を過ごすことができていますか?

 こんな時だからこそ、毎日の食事をきちんと3食、規則正しく食べること、自分の体調や暮らし方に合った食事内容や食事量を考えて食べることが、自分自身を守るための体の免疫力を高めて、明日の健康につながります。

 

🌸免疫力を高める食事のポイントを御紹介🌸

【ポイント1】栄養バランスを考えて食べましょう!

 一日3回の食事は、毎回なるべく主食(ごはん、パン、麺類等)・主菜(肉類、魚類、大豆製品などのたんぱく質を使ったおかず)・副菜(たっぷりの野菜類やキノコ類、海藻類を使ったおかず)をそろえて、規則的にとりましょう!栄養バランスが整いやすくなりますよ。

 

【ポイント2】腸内環境を整えましょう!

 たんぱく質や脂質が中心の食事や不規則な生活、様々なストレス、便秘が続くと、腸内の悪玉菌が増えると言われています。腸内に住む善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)を増やして腸内の環境を整えるために、食物繊維を積極的にとりましょう。食物繊維は野菜類や果物類、豆類に多く含まれていますが、果物類には、果糖という甘味も多く、食べる量には注意が必要です。発酵食品であるヨーグルトや納豆、漬物などもおすすめですが、糖分や塩分の多いものもあります。砂糖不使用とか、減塩のものを選びましょう。

 

毎年6月は「食育月間」!

 国は、平成28年度~令和2年度までの5年間の「第3次食育推進基本計画」で、毎年6月を「食育月間」と定め、いろいろな広報啓発活動を実施して、食育に対する理解を深めること、食育推進活動への積極的な参加を促し、その一層の充実と定着を図ることとしています。

 さらに、「食」は子どもたちが豊かな人間性を育んでいく上で重要であることから、「広く国民が子どもの食育に取り組む契機となるよう配慮を。」とされています。

 

 

あなたは、自分が食べる食事について、食事の内容について、食べる量について意識していますか?

 国は年に1回(1か月間)、水俣市では月に1回(毎月19日)、年間12回も、あなた自身が「自分の食」について振り返り、考え、反省(?)するチャンス「いきいき健康食育の日」を制定しており、これからのあなたが、ずーっと健康な毎日を送れるようにと願っています。

 「今の食事のどこが問題なの?」「いったい何を食べたらいいの?」「私の食事の適量ってどの位?」など、食生活についての疑問等ありましたら、いきいき健康課 健康推進室(電話62-3028)へ御相談ください。

 

 2020キャラ改
水俣市食育PRキャラクター(2019)
このページに関する
お問い合わせは
(ID:1877)
水俣市役所
〒867-8555  熊本県水俣市陣内一丁目1番1号   電話番号:0966-63-11110966-63-1111   Fax:0966-62-0611  

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

(法人番号 7000020432059)
Copyright (C) 2019 Minamata City. All Rights Reserved.