水俣市トップへ

【リスクレベル引き下げ】熊本県リスクレベル(熊本県新型コロナウイルス地域区分基準表の改定)

最終更新日:

 

 

 

熊本県リスクレベルの引き上げについて

 熊本県は、直近1週間(6月23日から7月9日)で新規感染者が確認されなかったことを踏まえ、専門家の意見も伺い、総合的に判断した結果、7月10日から熊本県リスクレベルを「レベル1 注意」に引き下げました。

 しかし、九州内ではクラスター(集団感染)やクラスターと思われる事例が発生し、多数の感染者が確認されているほか、首都圏では毎日100人を超える感染者が確認されており、感染拡大傾向が見られます。さらね、7月10日には、国の方針により対応が緩和(イベント参加者の上限増加)されます。

 また、7月4日に発生した水害に関連し、避難所における感染防止対策については、被災者の方やスタッフのみならず、ボランティアの方等も含め、全員が徹底する必要があります。

 今後も決して油断せず、引き続き感染防止対策に取り組んでいただくようお願いします。

 

熊本県新型コロナウイルス地域区分基準表の改定について

 6月6日に開催された第3回熊本県・熊本市新型コロナウイルス感染症対策専門家会議で、4月16日に導入されました「熊本県新型コロナウイルス地域区分基準」が「熊本県リスクレベル」に改定されました。

 

熊本県リスクレベルについて

【熊本県リスクレベル】

※あくまでも目安であり、現状がどのリスクレベルに位置付くか、また、具体的な対策は熊本県あるいは全国の感染状況及び傾向(拡大・縮小)を踏まえ、実施する地域や内容も含め、総合的に判断する。

リスクレベル

県の判断基準

対応例

レベル4

特別警報

県内で

(1)新規感染者15名以上

かつ

(2)リンク無し感染者8名以上

レベル3の対策に加え

・不要不急の外出自粛要請

・県外等への移動自粛を要請

・全ての催事等の自粛要請

・施設への休業要請

レベル3

警報

県内で

(1)新規感染者10名以上

又は

(2)リンク無し感染者5名以上

レベル2の対策に加え

・週末等の不要不急の外出自粛要請

・催事等の自粛要請

・施設への休業要請

レベル2

警戒

県内で

(1)新規感染者が発生

かつ

(2)レベル3に該当しない場合

レベル1の対策に加え

・感染拡大リスクを高める3つの密が重なる催事の自粛要請

・不特定多数が利用する県有施設の閉館

レベル1

注意

(1)国内で新規感染者が発生

かつ

(2)県内では新規感染者が未発生

レベル0の対策に加え

・3つの密が重なる感染拡大リスクが高い活動や催事において、まん延防止対策を行う

レベル0

平常

国内で新規感染者が確認されていない・新しい生活様式の広報・実践

 ※「リンク無し感染者」とは、感染源が特定できないもの。

 ※レベルを上げる場合は、週ごとに総合的に判断し、レベルを下げる場合は、前週、前々週の発生状況を踏まえ、同様に判断する。

 ※各所管施設の開閉においては、所在する市町村と情報共有し、調整に努めること。

 ※3つの密とは、(1)密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、(2)密集場所(多くの人が密集している)、

  (3)密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発生が行われる)

 

 

 

市民の皆様へのお願い

(1)基本的な考え方

・3つの密の回避、手洗い等の手指衛生、人と人との距離の確保、マスク着用等の基本的感染防止をお願いします。

・「新しい生活様式」の実践をお願いします。

 

(2)外出自粛について

・緊急事態宣言が解除されて間もない区域(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)との間の県境を越えた移動は慎重にしてください。

・「3つの密」のある場への外出は控えてください。

・感染が流行している地域へは、「新しい生活様式」の一環として、移動を控えてください。

※なお、感染拡大が見られない場合は、制限を段階的に緩和することとしています。

 

(3)イベント開催制限について

・全国的・広域的なお祭り・野外フェス等の開催は、基本的に自粛してください。

・屋内のコンサート、展示会m地域の行事等については、収容率50%以内かつ上限100人のものは可能です。

・屋外のコンサート、地域の行事等については、できれば2m以上の十分な間隔を取り、かつ200人以内のものは可能です。

・いずれのイベント実施も。3密を避ける等の基本的な感染防止の徹底が条件です。

※なお、感染拡大が見られない場合は、制限を段階的に緩和することととしています。

 

(4)営業自粛について

・現在、営業自粛についての協力要請を行っておりません。

・県が示したチェックリスト等により、十分感染防止活動を行ってください。

・市民の皆様は、感染防止活動を行っているお店を選んで利用してください。

 

 

 

(参考:従前の地域区分) 

熊本県新型コロナウイルス地域区分基準

 判断基準/週

 地域区分

 対応例

・県内が感染拡大傾向期であり、新規感染者数が1.5倍以上

・県内が感染拡大警戒地域であり、新規感染者数が1.5倍以上の場合、維持

感染拡大地域

・外出自粛要請等

・10名以上が集まる集会・イベントへの参加を避ける

・家族以外での会食などは行わない

・学校の臨時一斉休業も選択肢 

・県内で新規感染者10名以上

     又は

・県内でリンク無し感染者(※1)7名以上

---------------------------------------------------

・県内で新規感染者9名以下

     かつ

・県内でリンク無し感染者(※1)6名以下

感染拡大傾向期

 

------------------------------------

 

感染確認地域

 

 「感染拡大地域」と同じ対応を一歩先んじて実施 

 

----------------------------------------------------------

・「3密」を徹底的に回避

・屋内での50名以上が集まる集会・イベントへの参加を控える 

・県内で新規感染者0名

感染未確認地域

・「3密」を回避する対策

・リスクの低い活動については注意しながら実施

・行動変容(※2)に向けた広報・啓発 

・県内で直近の4週間新規感染者0名

収束 

通常の感染予防活動 

感染拡大地域の対応は、原則として2週間以上継続する。                  

(※1)リンク無し感染者:感染源となる感染者が特定できないもの 

(※2)感染拡大を防ぐため、住民自らの行動を変えること

 

 

 この件に関する詳しい情報については、
 こちら → 熊本県新型コロナウイルス地域区分基準表の改定について(熊本県ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク) をご覧ください。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:1805)
水俣市役所
〒867-8555  熊本県水俣市陣内一丁目1番1号   電話番号:0966-63-11110966-63-1111   Fax:0966-62-0611  

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

(法人番号 7000020432059)
Copyright (C) 2019 Minamata City. All Rights Reserved.