トップページ の下の 環境モデル都市 の下の 環境に配慮したまちづくり

ここから本文です。

不法投棄・野焼きの禁止

不法投棄の禁止

不法投棄は犯罪です!!

 廃棄物を決められた方法以外で捨てた場合には、不法投棄となり、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の規定により処罰の対象となり、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金(又は両方)が科せられます。
 また、不法投棄は環境汚染の原因ともなり、近隣の住民に多大な迷惑をかけます。不法投棄により他人に損害を与えた場合には、不法行為として損害賠償責任が生じます。
 「このくらい大丈夫だろう」という気持ちでごみを不法投棄したとしても、生じた結果次第では上記のように非常に重い責任を負わなければなりません。

 廃棄物は必ず決められた方法で処理するようお願いします。

    

 

水俣市の取り組み

 (1)定期的に不法投棄のパトロールを行っています。

 (2)市民からの通報があった場合は速やかに現場に行き確認を行っています。

 (3)可能な限り不法投棄者の特定に努め、特定した場合には警察への通報や本人への厳重注意を行います。

 (4)不法投棄者が特定できなかった場合でも、可能な限り不法投棄物を回収し、不法投棄禁止の看板を設置します。

   

 

不法投棄を見つけたときは

 水俣市役所環境課環境衛生係(0966-61-1613)までお電話ください。

 その際、できる限り具体的な場所や目印を教えてください。

 匿名の通報も可能ですが、現地にて正確な場所がわからなかった場合に対応できない場合があります。

 

野焼きの禁止

廃棄物の野外焼却(野焼き)は禁止されています!!

 廃棄物の野外焼却(野焼き)をはじめ、廃棄物を処理基準に従わない方法で焼却することは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の規定により一部の例外を除き禁止されています。この規定に違反して廃棄物の焼却を行うと処罰の対象となり、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金(又は両方)が科せられます。

 廃棄物の野外焼却(野焼き)は煙や臭いにより、周辺住民に多大な迷惑をかけます。また、野焼きは焼却温度が低いため、燃やすものによっては、ダイオキシン類や塩化水素などの有害物質が発生する原因となります。

 

 

農業、林業、漁業等でやむを得ず焼却をされる方へ

 農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却は例外的に認められていますが、廃ビニール(肥料袋等)の焼却は生活環境の保全上著しい支障をきたすため認められません。

 また、稲わらや剪定枝等の焼却であっても、住宅の近くでは近隣の住民に迷惑をかける可能性がありますので、できるだけ乾燥させた状態で、時間帯や風向等に注意して少量ずつ焼却するよう心がけてください。住民から苦情があった場合、焼却を中止するよう指導する場合があります。

 

廃棄物の野外焼却(野焼き)を見つけたときは

 水俣市役所環境課環境衛生係(0966-61-1613)までお電話ください。

 その際、できる限り具体的な場所や目印を教えてください。

 匿名の通報も可能ですが、現地にて正確な場所がわからなかった場合に対応できない場合があります。

 また、農業、林業、漁業等でやむを得ず焼却を行っている場合には、野焼きの禁止の例外に当たりますので、時間帯や風向等に注意するよう指導のみ行う場合があります。

 

廃棄物の野外焼却(野焼き)の禁止の例外

 廃棄物の野外焼却(野焼き)は法律で禁止されていますが、一部例外があります。

 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令」では、以下の5つの場合について例外を設けています。

 (1)国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却

   →河川管理者による河川管理を行うための伐採した草木等の焼却、海岸管理者による海岸の管理を行うための漂着物等
    の焼却など

 (2)震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却

   →凍霜害防止のための稲わらの焼却、災害時における木くず等の焼却、道路管理のために剪定した枝条等の焼却など

   ※凍霜害防止のためであっても廃タイヤの焼却は禁止されています。

 (3)風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却

   →どんど焼き等の地域の行事における不要となった門松、しめ縄等の焼却など

 (4)農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却

   →農業者が行う稲わら等の焼却、林業者が行う伐採した枝条等の焼却、漁業者が行う漁網に付着した海産物の焼却など

   ※生活環境の保全上著しい支障を生ずる廃ビニール等の焼却は禁止されています。

 (5)たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの

   →たき火、キャンプファイヤー等を行う際の木くず等の焼却

   ※たき火であっても周辺環境に応じた配慮のうえで行われず、近隣住民の苦情の対象となった場合、「軽微なもの」とはいえず、禁止や処罰の対  象となります。庭の手入れ等で生じた雑草や枝などのごみは、できるだけ焼却せず、十分に乾燥させてから燃えるごみとして出してください。また、雑草や枝と一緒にプラスチックや紙などのごみを焼却することは認められません。

 


→ お問合せ先

水俣市役所 環境課 環境衛生係
電話 0966-61-1613 FAX 0966-63-9044

 


【参考】

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(抄)

 (投棄禁止)

  第十六条 何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない。

 (焼却禁止)

  第十六条の二 何人も、次に掲げる方法による場合を除き、廃棄物を焼却してはならない。
  一 一般廃棄物処理基準、特別管理一般廃棄物処理基準、産業廃棄物処理基準又は特別管理産業廃棄物処理基準に
  従って行う廃棄物の焼却
  二 他の法令又はこれに基づく処分により行う廃棄物の焼却
  三 公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄
  物の焼却として政令で定めるもの
(罰則)

  第二十五条 次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科す
         る。

    十四 第十六条の規定に違反して、廃棄物を捨てた者

     十五 第十六条の二の規定に違反して、廃棄物を焼却した者

 

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令(抄)

 (焼却禁止の例外となる廃棄物の焼却)

  第十四条 法第十六条の二第三号の政令で定める廃棄物の焼却は、次のとおりとする。
  一 国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却
  二 震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却
  三 風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却
  四 農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却
  五 たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であつて軽微なもの

 

このページの先頭へ

更新日:2015/12/11