トップページ の下の 暮らしの情報 の下の 健康・福祉 の下の 国民健康保険

ここから本文です。

こんなときは必ず届出を!〜国保の手続〜

こんなときは14日以内に届出を! 〜資格の取得・変更・喪失ほか〜 

 職場の健康保険(任意継続保険)の加入・脱退時は、国民健康保険の手続きが必要です。
 また、下記に当てはまる場合や住所、氏名、世帯主が変わったり、修学による学生の転出、保険証の紛失などにも手続が必要となります。このような場合は、14日以内に届出をお願いします。

 

  • 国保に加入するとき

こんなときに  届出に必要なもの
 職場の健康保険をやめたとき

(職場の健康保険の被扶養者でなくなったとき)

世帯主の印かん

健康保険資格喪失証明書(PDF 115KB)(職場の健康保険をやめた証明書、被扶養者でない証明書)

 他市区町村から転入してきたとき

世帯主の印かん

他市区町村の転出証明書

 子どもが生まれたとき 世帯主の印かん
 生活保護を受けなくなったとき

世帯主の印かん

保護廃止(停止)決定通知書

 外国籍の人が加入するとき 世帯主の印かん、外国人登録証明書

*届出が遅れ、保険証がないまま、病院にかかると医療費は全額が自己負担となります。保険税は、届出が遅れても、さかのぼって徴収されます。お気を付けください。

  • 国保をやめるとき

 こんなときに  届出に必要なもの

 職場の健康保険に加入したとき

(職場の健康保険の被扶養者になったとき)

世帯主の印かん、国保保険証など

職場の健康保険証または加入を証明するもの(PDF 75KB)

 他市町村に転出するとき

(ただし、市外の福祉施設や医療機関への転出の場合は、下段の「その他の届出」へ)

世帯主の印かん、国保保険証など

 被保険者が死亡したとき

世帯主の印かん、国保保険証など(世帯主が死亡された場合は全員分)

喪主の印かん、喪主の通帳

 生活保護を受けるようになったとき

世帯主の印かん、国保保険証など、保護開始決定通知書

 外国籍の人がやめるとき

世帯主の印かん、国保保険証など、外国人登録証明書

*届出が遅れると、被保険者の資格が残り、資格が喪失されるまで保険税がかかってくることになります。

  • その他の届出

 こんなときに  届出に必要なもの
保険証などをなくしたり、汚れて使えなくなったとき 世帯主の印かん、世帯主の身分証明書、国保保険証(汚れたもの)、届出る人の身分証明書、再交付申請書保険証(PDF 76KB)高齢受給者証(PDF 70KB)、限度額適用・標準負担額減額認定証(PDF 70KB)

住所、世帯主、氏名などが変更になったとき

世帯主の印かん、国保保険証など
世帯を分けたり、一緒になるとき 世帯主の印かん、国保保険証など
修学のため、水俣市外に住所を定めるとき 世帯主の印かん、国保保険証、在学証明書、マル学該当届 (PDF 118KB)
福祉施設への入所や長期入院等のため、水俣市外の施設や病院の所在地へ住所を定めるとき(住所地特例 世帯主の印かん、国保保険証など、入所証明書、住所地特例申請書(PDF 57KB)
退職者医療制度の対象になったとき

世帯主の印かん、国保保険証、年金証書


その他の主な届出 〜国保のサービスほか〜

こんなときに  届出に必要なもの 
人工透析が必要な慢性腎不全等の特定疾病になったとき 世帯主の印かん、保険証、医師の証明書
出産したとき 世帯主の印かん、保険証など
入院するとき  世帯主の印かん、保険証 
入院時の食事代を減額したいとき 世帯主の印かん、保険証など
医療費が高額になったとき 世帯主の印かん、保険証、領収証、世帯主名義の通帳
医療と介護の自己負担が高額になったとき 世帯主の印かん、保険証、領収証、世帯主名義の通帳など 
医療費を全額自己負担したとき  世帯主の印かん、保険証、領収証、世帯主名義の通帳など 
交通事故などにあったとき  世帯主の印かん、保険証、交通事故証明書など 
70歳以上で一部負担金の割合が3割の人の収入が一定額に満たない場合  世帯主の印かん、保険証、高齢受給者証、収入がわかるもの(確定申告書の写しなど)など
被保険者の葬祭をしたとき  世帯主の印かん、保険証(世帯主が死亡された場合は世帯全員分)など、喪主の印かん、喪主の通帳 
はり・きゅう助成券を利用したいとき  世帯主の印かん、保険証 

 

 

 

 

→ お問合せ先

水俣市役所(2階6番窓口) 市民課 年金医療保険係
電話 0966-61-1633 FAX 0966-63-9049

このページの先頭へ

更新日:2016/4/27