トップページ の下の 暮らしの情報 の下の 健康・福祉 の下の 国民年金

ここから本文です。

遺族基礎年金

遺族基礎年金は、残された「子のある妻」「子のある夫」やその「子」が受けることができます。

 

 【受給要件】 次のいずれかに該当する人(夫または妻)が死亡した場合

           1 国民年金の被保険者期間中の人
           2 国民年金の被保険者資格喪失後で、60歳以上65歳未満の日本国内に住む人
           3 老齢基礎年金の受給権者
           4 老齢基礎年金の受給資格期間(25年)を満たしている人

 ≪納付要件≫
   上記1,2で、死亡した月の前々月までに被保険者期間があるときは、次のいずれかを満たすこと

   ・死亡した月の前々月までの保険料を納めた期間と、免除期間を合算した期間が、加入期間の3分の2以上あること

   ・平成38年3月31日までに死亡したときは、死亡した月の前々月までの1年間に保険料の未納期間がないこと
    (死亡日に65歳未満の場合のみ)


 【受けられる人】 
            死亡当時、死亡した人に生計を維持されていた次の遺族が受けられます。
            妻または夫の子に受給権があるときは、妻、もしくは夫が子の加算額を含めた年金を受け取ります。
               
       1 「子」のある妻または夫(事実婚も含む)
       ※2に該当する子と生計を同じくしていた場合に限ります

        2 18歳到達年度の末日までにある子 
       ※子が障害基礎年金1・2級の状態にあるときは、20歳到達まで受けられます
       ※死亡当時、婚姻していないこと
       ※死亡当時、胎児であった子は含みます
       ※死亡者が妻または夫と離婚していた場合は、定期的な養育費の仕送りなど、死亡者と生計維持関係があること

 


 【支給される額】 

               基本額(77万9300円)に、子の数だけ加算された額が受けられます。
               第1子、第2子にそれぞれ224,300円、第3子以降はそれぞれ74,800円が加算されます。
            

             子が受ける遺族基礎年金の額
               子が受ける場合は、基本額(77万9300円)に第2子に224,300円、
               第3子以降それぞれ74,800円が加算されます。
           

→ お問合せ先

水俣市役所 市民課 年金医療保険係
電話 0966-61-1622 FAX 0966-63-9049

このページの先頭へ

更新日:2017/5/19