トップページ の下の 環境モデル都市 の下の 環境クリーンセンター の下の 家庭ごみ

ここから本文です。

【資源ごみの分類について】

平成29年度から20品目になります!

 分別するごみは次のとおりです(平成29年4月1日〜)

生きビン(リユースビン) 蛍光管・電球類 雑誌・その他紙類 生ごみ
雑ビン(透明) 乾電池類 段ボール 燃やすもの
雑ビン(茶色) 電気コード類 布類(衣類)
雑ビン(その他色) ペットボトル 容器包装プラスチック
アルミ缶 小型家電(17品目) 食用油
スチール缶 新聞紙・チラシ類 粗大ごみ・破砕・埋立

 

 本市の高度分別が平成5年に開始されてから20年以上経過しておりますが、地域の小さなお子さんから

ご高齢の皆さんが、日常生活の中で、肩に力を入れずに、当たり前に分別活動に継続して取り組んでいただいているところが水俣のすばらしさです。

 今年度も引き続き、資源ごみに限らず燃やすごみ、生ごみについても適正な分別にご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

 

家庭ごみの分け方・出し方

→平成30年度家庭ごみの分け方・出し方(PDF25MB)

 

平成30年度からの主な変更点について

 平成30年6月から家庭ごみの分け方・出し方において、以下の6つの点が変更になります。

 ・スプレー缶(エアゾール缶)を出すときに、穴をあけずに出していただきます。
 ・電気コードを出すときに、プラグの部分を切らずに出していただきます。

 ・飲料パックを資源ごみの日に出せるようになります。

 ・蛍光管等の水銀が使用された廃製品の回収ボックスが変わります。

 ・プラスチック製容器包装(廃プラ)ステーションが可燃ごみステーションと統合されます。※一部ステーションを除く

 ・10区〜14区、24区〜26区の生ごみの分別収集を開始します。

 

 変更点の詳細についてはコチラ→平成30年度変更点(PDF1.1MB)


→ お問合せ先

水俣市  環境課  環境クリーンセンター
電話番号 0966-62-4101

このページの先頭へ

更新日:2018/4/3