トップページ の下の 暮らしの情報 の下の 子育て・教育・文化 の下の 子育て支援・ひとり親支援

ここから本文です。

水俣市病児・病後児保育事業

病児・病後児保育とは

病児・病後児保育は、社会的にやむを得ない理由で、病気または病気の回復期にあるお子様を家庭で保育できない場合に、専用の施設でお子様を看護師や保育士等の専門スタッフが一時的にお預かりするサービスです。

 

対象者

水俣市にお住まいの生後3か月から小学校6年生までの児童

市外在住で水俣市内に勤務先を有する保護者の生後3か月から小学校6年生までの児童(水俣市にお住まいの方が優先ですが、定員に空きがあれば受け入れ可能です。)

 

利用日時

月曜日〜土曜日(※祝日、年末年始(12/29〜1/3)を除く)

午前8時〜午後6時

 

利用定員

3名

 

利用料

1日あたり1,500円(ただし、市県民税非課税世帯は1,000円、生活保護世帯は無料。)

市外在住者は、1日あたり2,500円

 

利用方法

事前登録

 福祉課に備え付けの「登録申請書」に必要事項を記入し、福祉課へ提出し事前登録を行ってください。(登録は年度ごとに必要です。)

 ※印鑑、母子手帳をお持ちください。市外在住の方は、雇用証明書が必要です。

 

事前予約

 原則として前日までに予約が必要です。施設に電話予約してください。(定員を越えた場合はご利用できませんので、事前に確認してください。)

 

医療機関で受診

 ご利用の前に必ずかかりつけの医療機関で受診し、医師から「診療情報提供書」を作成してもらってください。

 

利用当日

 施設に備え付けの「利用申請書」を記入し、「診療情報提供書」を添えて施設に提出してください。


※ 施設ではお子様のその日の状態をお伺いします。お子様が安心して過ごされるために詳しくお伺いしますので時間に余裕をもっておいでください。

 

 

利用ができない場合

児童が感染症(はしか等)を有し、他の利用者へ感染するおそれがあるとき。

児童の病状が重く、入院治療を必要とするとき。

医師に病児・病後児保育の利用が可能と判断された場合でも、急な症状の変化等により、施設の判断で利用をお断りする場合もあります。

 

実施施設

病児・病後児保育「もくれん」(水俣市平町1丁目3番7号) 

 電話 83−8010

 FAX 83−8011

 

 病児・病後児保育チラシ(PDF:325KB)

 

 

必要書類

必要に応じてダウンロードしてお使いください。

 利用登録申請書(PDF:149KB)
 ■利用登録変更届(PDF:52KB)
 ■利用申請書      (PDF:153KB)
 ■診療情報提供書(PDF:80KB)


 


→ お問合せ先

水俣市役所 福祉課子ども子育て支援室
電話 0966-61-1660 FAX 0966-63-9044

このページの先頭へ

更新日:2017/6/19