トップページ の下の 暮らしの情報 の下の 税金

ここから本文です。

軽自動車税


 軽自動車税とは、原動機付自転車、小型特殊自動車、ミニカー、軽自動車、二輪の小型自動車(これらを「軽自動車等」といいます。)の所有者に対して、市町村が課税します。
■ 納税義務者
 毎年4月1日(賦課期日)現在、市内に主たる定置場のある軽自動車等を所有している人です。
 したがって、4月2日以降に廃車や譲渡をしても、その年度までは課税され、月割りによる減額はありませんのでご注意ください。
■ 納入期限
 5月31日(土日祝日にあたる場合は翌平日)
 口座振替の振替日は5月27日(土日祝日にあたる場合は翌営業日)
■ 申告手続き
 名義変更、買い替え、譲渡、相続、廃車等により車両の所有状況に変更があったときや、市外へ転出するときなどは申告が必要です。
 申告手続きをされませんと、そのまま本市より軽自動車税を課税される原因になりますので、すみやかに申告をお願いします。
 申告先は車種区分により異なりますので、次の表を参考にしてください。

■ 車種別の手続き先

車両区分 申告先
原動機付自転車(1種)50cc以下 水俣市役所税務課
市民税係(2階7番窓口)
TEL:0966-61-1610
原動機付自転車(2種乙)90cc以下
原動機付自転車(2種甲)125cc以下
ミニカー 3輪以上 20cc超50cc以下
小型特殊 農耕用
小型特殊 その他(フォークリフト等)
軽二輪車 125cc超250cc以下 熊本県軽自動車協会
熊本市東町4-14-6
TEL:096-369-6829
軽三輪車
軽四輪貨物車(営業用)
軽四輪貨物車(自家用)
軽四輪乗用車(営業用)
軽四輪乗用車(自家用)
二輪の小型自動車 250cc超
(自動二輪車)
九州運輸局熊本陸運支局
熊本市東町4-14-35
TEL:096-369-3188
転出の場合は、転出先の市町村税務課に申告先等をご確認ください。
あらかじめ、申告の際に必要なものを各機関にお問い合わせください。

 

■ 市役所での手続き


● 手続きができるもの
 原動機付自転車(125ccまでのバイク)と小型特殊自動車(農耕用やフォークリフト等)、ミニカーです。

● 窓口
 水俣市役所税務課市民税係(2階7番窓口)
 〒867-8555 水俣市陣内1丁目1番1号 TEL:0966-61-1610

● 手続き

事由 必要なもの 申告書様式及び記入例

※ダウンロードできます

所有者の印鑑*1 車台番号等の分かるもの*2 ナンバープレート 申告書の販売・譲渡証明書の欄
購入 新車や中古の車両を新たに購入したとき     ○  

販売者の
記入・押印

申請書(購入)
車両を買いかえて、ナンバープレートを新しい車両に移しかえるとき
(車種区分が同一の場合のみ)
 ○
 ○
新車両の車台番号等が分かるもの
 
販売者の
記入・押印
旧車両について記入
返納書(車体番号変更)

新車両について記入
申請書(車台番号変更)

返納書と申請書の両方をご提出ください。

転入 前市町村で廃車手続きをしていない場合  ○
前市町村のもの
  申請書(転入)  
前市町村で廃車手続きをしている場合    
譲渡 廃車手続き済みの車両を譲り受ける場合 ○   
旧所有者の
記入・押印
申請書(譲渡)
廃車手続きが済んでいない車両を譲り受け、ナンバープレートをそのまま使用する場合
(名義変更)
   
旧所有者の
記入・押印
申請書(名義変更)
廃車 処分するときや廃車手続きをしたうえで人に譲るとき     返納書(廃車)
転出 本市で廃車手続きを行い、転出先市町村で登録手続きを行う場合

廃車申告先:本市 登録申告先:転出先

    本市で廃車
返納書(転出)

登録については転出先市町村にご確認のうえ、手続きを行ってください。

転出先で、一度に廃車と登録の手続きを行う場合   転出先市町村にご確認のうえ、手続きを行ってください。
*1 印鑑はゴム印は不可
*2 車台番号等とは、車台番号、車名、排気量、型式など

 

※申告書ダウンロード利用の注意点!

  • 申告書等様式の提供をするものであり、このホームページ上からの申請や電子メールなどインターネットや郵送での届け出はできません。様式をダウンロード・印刷して記入・押印のうえ、手続きは市役所窓口でお願いします。
  • 申告書は、水俣市役所税務課市民税係(2階7番窓口)にもあります。
  • 手続きの内容によって、申告書の記入の仕方が異なりますので、申告書をダウンロードされた際に、申告書記入例をご参照のうえご記入ください。
  • 標識交付証明書や標識返納証明書(登録や廃車の手続きの際に、申告書の複写を本人控えとしてお渡ししたもの)、自賠責保険証、販売証明書等をお持ちでしたら、手続きの際にご持参ください。
  • 小型特殊の場合は、車種の判別がつきにくく、手続きに時間を要する場合もありますので、型式認定番号が分かるもの(車両の説明書や販売証明書などをご覧ください。)をできるだけご持参ください。  

 ■  軽自動車税の税率

 地方税法の改正に伴い、平成28年度から軽自動車税の税率を次のとおり変更いたします。

 

〈原動機付自転車及び二輪車等〉                                                                                       
原動機付自転車及び二輪車等については、平成28年度から、新税率が適用されます。


種 別

税率(年額)

改正前

改正後

原動機付自転車

50cc以下

1,000円

2,000円

90cc以下

1,200円

2,000円

125cc以下

1,600円

2,400円

ミニカー

2,500円

3,700円

軽二輪

250cc以下

2,400円

3,600円

小型二輪自動車

250cc超

4,000円

6,000円

小型特種自動車

農耕作業用

1,600円

2,400円

その他

4,700円

5,900円




〈三輪以上の軽自動車〉                                                                                      

 三輪以上の軽自動車については、平成27年4月1日以降に初めて車両番号の指定を受けた車(新車登録された車)に、次の表の新税率が適用されます。                        また、初めて車両番号の指定を受けた月から13年を経過した三輪以上の軽自動車については、平成28年4月1日以降から、次の表の重課税率が適用されます。(電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、混合メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車及び被けん引自動車は除きます。)

種別

税率(年額)

平成27年3月31日

平成27年4月1日

初期登録から

までの登録車

(従来の税率)

以降の登録車

(新税率)

13年超

(重課税率)

三輪

3,100円

3,900円

4,600円

四輪以上

乗用

自家用

7,200円

10,800円

12,900円

営業用

5,500円

6,900円

8,200円

貨物用

自家用

4,000円

5,000円

6,000円

営業用

3,000円

3,800円

4,500円

【重課税率の適用年度早見表】

 平成28年度に重課税率が適用される車両は、平成14年12月以前に登録されている車両です。平成29年度以後については、こちらのとおりです。
 

グリーン化特例導入

 平成28年度から排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の少ない三輪以上の軽自動車に対して、グリーン化特例が適用されます。

【適用期間】平成27年4月1日〜平成29年3月31日

【適用内容】適用期間中に最初の新規検査を受けた三輪及び四輪の軽自動車に限り、当該年度の翌年度(平成28年度又は平成29年度)分の軽自動車税について下の表の税率を適用します。           

種別

新税率

25%軽減

50%軽減

75%軽減

三輪

3,900円

3,000円

2,000円

1,000円

四輪以上

乗用

自家用

10,800円

8,100円

5,400円

2,700円

営業用

6,900円

5,200円

3,500円

1,800円

貨物用

自家用

5,000円

3,800円

2,500円

1,300円

営業用

3,800円

2,900円

1,900円

1,000円


 

 


 
 


 

 

 

 適用される車体の要件は以下のとおりになります。
   

対象・要件

適用税率

・電気軽自動車
・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%以上低減)

75%軽減

 ガソリン車
(ハイブリッド車を含む)

乗用

平成32年度燃費基準
+20%達成

50%軽減

平成32年度燃費基準達成

25%軽減

貨物

平成27年度燃費基準
35%達成

50%軽減

平成27年度燃費基準
15%達成

25%軽減

※ガソリン・ハイブリット車は、平成17年排出ガス基準75%低減達成車(☆☆☆☆)に限ります。




▲このページの先頭へ

■障害者の方等が利用する軽自動車税の減免

●減免が受けられる軽自動車の範囲
次の1または2に該当し、専ら障害者の方の通院、通学などに利用されるもの

1. 次の両方を要件を満たす車両
a. 障害者の方が所有(登録)している車であること
(障害者の方が18歳未満の場合、知的障害者または精神障害者の場合は、生計を一にするものが所有(登録)する車を含む)
b. 障害者の方が使用する、または生計を同じくする方が障害者の方のために使用するもの
(単身で生活する障害者を常時介護する方(同居していなくても可)を含む) 
2. 車検証に「障害者輸送用」等と記載されたもの・専ら身体障害者の利用に供するために特別の仕様・改造がなされた車両

●減免の対象となる障害の程度
末尾の表をご覧ください。
●申請の手続き (※期限までに申請が必要です。)

1. 障害者の方が所有(登録)している車両の場合
次のいずれかの手帳 
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳
運転する方の運転免許証
納税義務者の印鑑(ゴム印不可) (※代理で手続きされる場合は、代理の方の印鑑も必要です)
納税通知書
2. 専ら障害者の利用に供する構造の車両の場合

納税義務者の印鑑(ゴム印不可)  (※代理で手続きされる場合は、代理の方の印鑑も必要です)
車検証
車の仕様書及び写真等 (障害者の利用のために特別の仕様がなされていることが分かる書類)
納税通知書

●申請書類

  軽自動車税減免申請書(個人)(Excel:51KB)※H29年度よりマイナンバーの記入が必要となりましたので、ご注意ください。

  軽自動車税減免申請書(公益・構造)(Excel:48KB)

  自動車運行状況調書(PDF:74KB)

●申請期限
納期限までです。
※期限後は減免できませんのでご注意ください。


▲このページの先頭へ

【各種手帳による該当区分】

◆身体障害者手帳       
障害名 運転者  1級  2級  3級 4級  5級 6級
視覚障害 本人及び家族等

   
△:「4級の1」のみ対象(両眼の視力の和が0.09〜0.12の方)              
聴覚障害 本人及び家族等

 

     
平衡機能障害 本人及び家族等     

     
音声機能障害 本人    

     
△:咽頭及び咽頭摘出による音声機能障害がある場合に限る 家族等            
上肢不自由 本人及び家族等

       
△:「2級の1及び2」のみ対象              
下肢不自由  本人

家族等

     
体幹不自由  本人

 

 
家族等

○ 

○ 

     
乳幼児期以前の非進行性脳病変による運動機能障害 上肢機能 本人及び家族等

       
△ 1上肢のみに運動機能障害がある場合を除く
移動機能障害 本人

家族等

     
△ 1下肢のみに運動機能障害がある場合を除く
心臓・腎臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の機能障害 本人及び家族等

 

     
肝臓機能障害

本人及び家族等 

     
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害 本人及び家族等 

     

療育手帳 障害の程度が「A」と記載されたもの


精神障害者保健福祉手帳 障害等級が「1級」であるもの

 

戦傷病者手帳
視覚障害 特別項症〜第4項症
聴覚障害 特別項症〜第4項症
平衡機能障害 特別項症〜第4項症
音声機能障害  特別項症〜第2項症
(咽頭摘出による音声機能障害がある場合に限る)
上肢不自由  特別項症〜第3項症
下肢不自由

 特別項症〜第6項症及び第1款症〜第3款症

(同居の方が運転の場合は、特別項症〜第3項症)

体幹不自由  特別項症〜第6項症及び第1款症〜第3款症
(同居の方が運転の場合は、特別項症〜第3項症)
心臓・腎臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の機能障害 特別項症〜第3項症


▲このページの先頭へ

 

→ お問合せ先

水俣市役所 税務課 市民税係
電話 0966-61-1610 

このページの先頭へ

更新日:2017/5/8