トップページ の下の 暮らしの情報 の下の 健康・福祉 の下の 健康づくり・検診・病気予防

ここから本文です。

「ダニ」にご注意ください!!

12月頃までは、マダニの活動時期です。予防対策をしっかり行いましょう。

先月、市内でマダニが媒介する感染症である重症熱性血小板減少症候群(SFTS)が発生しました。

県内でのSFTSの発生は今年で4例目です。

ダニ媒介感染症は治療が遅れると重症化し、死亡することもあります。

予防対策としては、ダニに咬まれないようにすることが重要であり、以下の点に注意してください。

また、ダニに咬まれた時は次の対応をしましょう。

 

■注意事項

・帽子・手袋を着用し、首にタオルを巻くなど肌の露出を少なくする。

・長袖・長ズボン・登山用スパッツ等を着用する。

・足を完全に覆う靴をはく。

・明るい色の服を着る

・虫よけを使用する。

・野生動物や飼育している動物に注意する。

・屋外活動後は入浴し、マダニに咬まれていないか確認する。

 

■ダニに咬まれた時の対処法

・無理に引き抜こうとせず、医療機関(皮膚科等)で処置をしてもらう。

・咬まれた後、数週間は体調の変化に注意し、発熱等の症状があった場合は医療機関(内科等)を受診する。

 

 

→詳しい情報は国立感染症研究所及び熊本県のホームページをご覧ください。

 国立感染症研究所ホームページ:

 https://www.niid.go.jp/niid/ja/sfts/2287₋ent/3964₋madanitaisaku.html

 熊本県ホームページhttps://www.pref.kumamoto.jp/kiji_25483.html



 


→ お問合せ先

水俣市役所 いきいき健康課 健康推進係(もやい館内 水俣市保健センター)
電話 0966-63-3202 FAX 0966-62-3670

このページの先頭へ

更新日:2018/10/31