トップページ の下の 暮らしの情報 の下の 暮らし・生活

ここから本文です。

熊本県戸建木造住宅耐震診断士派遣事業・水俣市民間建築物耐震化促進事業

熊本県戸建木造住宅耐震診断士派遣事業

 熊本県では、今後の大地震に備え、県民の皆様が安心して住み続けられる住まいの確保を図るため、戸建木造住宅の耐震診断を実施しています。

 

対象住宅

熊本県内の戸建木造住宅(熊本市を除く)

 

要件

昭和56年5月末までに工事に着手した住宅または熊本地震で被害を受けた住宅。
※熊本地震による被害については、罹災証明書の写し等が必要となります。


 

診断費用(個人負担額)

住宅の図面(※)がある場合  5,500円(派遣に要する費用6万円のうち5万4,500円を県が負担します)
住宅の図面(※)がない場合 19,000円(派遣に要する費用8万7千円のうち6万8,000円を県が負担します)

※1図面がある場合 現況と図面が一致し、寸法又は筋交いの位置・仕様が明示されている場合

※2別途、振込手数料が必要です。

 

申し込み方法

 申請書を熊本県建築住宅センターへ提出(持参、郵送、メール、FAX)してください。

 申請書は熊本県建築住宅センターの窓口やホームページ、各広域本部景観建築課、水俣市都市計画課で取得できます。

・熊本県建築住宅センター

・住所:熊本県熊本市中央区水前寺6丁目32−1

・電話:096−385−0771

・FAX:096−285−6966

・メール:soumu@bhckuma.or.jp

 

その他

申し込み期間や事業内容など、詳しくは熊本県のホームページをご覧ください。

熊本県ホームページ:http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_18812.html


 

水俣市民間建築物耐震化促進事業

 

※平成29年度の募集は終了しました。次の募集は平成30年5月頃の予定です。

 

 

 水俣市では、『水俣市建築物耐震改修促進計画』(*)に基づき、民間建築物の耐震化を促進し、

地震発生時における建築物の被害の軽減を図り、市民の生命・身体及び財産を保護するとともに、

安全で安心なまちづくりに取り組むため、耐震診断並びに耐震改修工事等を行う建築物の所有者

に対して、その費用の一部を助成します。

 

*当該計画の資料編『水俣市地震ハザードマップ』はこちら →表面(PDF   4.3MB)
                            →裏面(PDF 24.3MB)

 

事業の概要

      対象建築物
        事業内容
 補助率
  補助上限額
 
戸建木造住宅
 
 耐震補強設計 
 3分の2
 23万2千円
 耐震改修工事
 2分の1
 80万円
 耐震対策事業
 シェルター工事
 2分の1
 20万円
 建替工事
 23%
 60万円
緊急輸送道路(※)沿道建築物
 耐震診断
 3分の2
 200万円
 耐震補強設計
 3分の2
 200万円

 

※緊急輸送道路についてはこちら

 

対象要件

■戸建木造住宅
  ・昭和56年5月末までに工事着手した住宅または熊本地震で被害を受けた住宅。
   ※熊本地震による被害については、罹災証明書の写し等が必要となります。
  ・人が住んでいる戸建木造住宅で地上階数が3以下のもの。
   ※併用住宅の場合、店舗などの床面積が延床面積の2分の1未満のもの。
 
■緊急輸送道路沿道建築物
  ・昭和56年5月末までに工事着手した建築物。
  ・建築物の耐震改修の促進に関する法律第14条各号に掲げるもの。
  ・建築物の敷地が緊急輸送道路に接するもの。

▲このページの先頭へ

→ お問合せ先

水俣市役所 都市計画課 建築住宅係

電話 0966-61-1621

このページの先頭へ

更新日:2017/9/15