トップページ の下の 暮らしの情報 の下の 健康・福祉 の下の 検診・病気予防

ここから本文です。

平成24年9月1日からポリオ予防接種の方法が変わりました!

  

  これまで生ポリオワクチンによる集団接種から、不活化ポリオワクチンによる医療機関での個別接種(注射)になります。

  

  対象者

  

   生後3か月から7歳6か月未満の人

 

  接種方法

   

   〇ポリオワクチンをまったく受けていない人

    20日から56日の間隔で3回接種後、12か月から18か月あけて追加接種を1回※

 

   〇生ポリオワクチンを1回受けている人

    20日から56日の間隔で2回接種後、12か月から18か月あけて追加接種を1回※

 

   〇生ポリオワクチンを2回受けている人

    接種の必要はありません。

 

        

   接種方法については、

    → 【リーフレット】どうすればいいの?ポリオワクチン(厚生労働省)  をご参照ください。

 

   接種できる医療機関は、

    → 平成25年予防接種委託医療機関一覧 をご参照ください

 

  注意事項

   

   〇予診票が新しく変わり、再発行の手続きを行っています。

     接種する前に、母子健康手帳を持って保健センターに取りに来てください。

 

   〇事前に医療機関へ電話予約をしてください。

 

   〇接種する際は、母子健康手帳と予診票を必ず持参してください。

 

   〇接種後に他の予防接種を受ける際は、「6日以上」あける必要があります。

 

 


→ お問合せ先

水俣市役所 いきいき健康課 健康推進係 (水俣市保健センター)
電話 0966-62-3028 FAX 0966-62-3670

このページの先頭へ

更新日:2017/3/30