トップページ の下の 環境モデル都市 の下の 環境に配慮したまちづくり

ここから本文です。

ホタルマップの作成 〜 ホタルが住めるような美しい川づくり 〜

 

 

水俣市では、環境モデル都市づくりの取組の一つとして、ホタルがすめるような美しい川をいつまでも守っていくこととしています。(第二次水俣市環境基本計画「4.環境に配慮した暮らしづくり」P75〜76参照)

そのために、毎年ホタルの分布状況を確認・把握し、「ホタルマップ」を作成して記録することで、環境保全の指標として活用しています。

【内容】

(1)ホタルマップの設置呼びかけと作成

 ホタルの飛ぶ季節(5月〜6月頃)に併せて、市役所1階ロビーにホタルマップを設置し、来庁者等の市民に呼びかけて、ホタルを見つけた場所にシールを貼り、見つけた日を記入します。

(2)周知と報告

 市報等を通じて、ホタルマップの案内と報告を行い、ホタルの成育する自然環境の保全と大切さの周知啓発を行います。

 また、環境省の外部サイト「生きものみっけ」を通じて、ホタルの観測場所の見える化を図ります。

 

(3)結果報告と活用

 ホタルマップを経年保存し、ホタルの出現箇所を環境保全の指標とすることで、自然環境の保全・変化のための資料として活用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→ お問合せ先

水俣市役所 環境課 環境政策室
電話 0966-61-1612

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ

更新日:2015/6/29